日常に潜む仕草のモテポイントを解説!

負けたときには弱さで。果敢に戦う姿勢で。花粉症でモテる

2012.03.01 THU

モテリーマン

鼻声のフランス語めいたセクシーさと、潤んだ瞳の子犬っぽいコケティッシュさは風邪のときと同様。両手首で両目をこする〈WWWE〉(ダブル・リスツ・ダブル・アイズ)は、花粉症特有の動きだが、これがまたキュートだと大評判。本人はかゆいだけなのに…。

くしゃみは、唾液や花粉をまき散らすある種の“攻撃”だ。もよおしてきたときのモテリーマンの姿勢は〈LDS〉(ロング・ディスタンス・スニーズ)、つまり“遠距離くしゃみ”である。 いまのおれは危険だ、近づくな ということをアピールしつつ、思い切り伸ばした腕で、OLちゃんとの間に距離をとる。

負けてばかりではない。ときには全力で戦う。キャップで頭部を守り、ゴーグルとマスクを着用。胸中に忍ばせたハンディモップで洋服をクリーンナップ。その華やかな戦闘スタイルこそ〈SGBS〉、戦という舞台に着飾って臨んだ戦国武将そのもの。その雄々しく美しい姿にOLちゃんはもとより、部長ちゃんやCEOちゃんまでもが惚れるのだ。

※フリーマガジンR25 133号「プチスマートモテリーマン講座」より

  • 結果的にキュートなだけで…

    狙ってなどいない〈WWWE〉。それほど花粉という敵はやっかいだ。真っ赤な目が、またたまらん! モテにおいては、花粉は必ずしも敵ではないのかも
  • おれに近づくと危険だぜ!

    片腕で口元をカバー、片手を伸ばして距離を取る〈LDS〉。危険が去ったら、OLちゃんとネトルやエルダーフラワーのハーブティーで、花粉症予防ティータイム
  • なぜモテリーマンは戦うのか

    オフィスへの花粉の侵入を阻む〈SGBS〉スタイル。彼は花粉に真っ向勝負を挑む…彼自身が花粉症であろうとなかろうと。オフィスの民を守りたいからなのだ!
負けたときには弱さで。果敢に戦う姿勢で。花粉症でモテる

武田篤典(steam)=文
Shu-Thang Grafix=絵

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト