ONで役立つ!

どんな方向からでも座れるイス

2012.10.27 SAT


色はオリーブグリーン、オレンジ、グレー、ブラックの4色。座面と足、キャスターが統一されたカラーになっているので、見た目もオシャレ。脚部についている円形のフットレストには、角度が刻まれている
オフィスで仕事中、イスに変な座り方をしている人を見かけることがある。筆者もよく、イスの上であぐらを組んだり、正座したり、時には前後逆になって背もたれにお腹を押しつけるように座ったりする。

もともとは、長時間にわたり同じ姿勢で椅子に座っていると、肩がこったり腰が痛くなったりするので、それを避けるためにはじめたこと。それがなんとなくクセになり、気がつくと変な座り方をしてしまうようになったのだ。

でも、そもそもイスにもっと自由に座ってもいいじゃないか! そんな発想をそのままカタチにしたイスが「360°チェア」だ。

遠くから見ると、ちょっとオシャレなイスだけど、近づいてみるとかなり変わった形だとわかる。背もたれが普通のイスよりもかなり小さく、座面の形も丸でも四角でもなくて長細い。

一見すると、どうやって座ったらいいのかわからない。でも、正解は、どうやって座ってもよいのだ。座面や背もたれの素材は硬質ウレタンなので、硬さが気になることはない。高さも調整できるうえに、キャスターで移動も楽ちん。

だから、普通に座ったり、横向きに腰掛けて背もたれを肘掛けにしたり、またぐようにして乗馬のようなポーズで座ったり、いろんな座り方ができる。

ゆったりと座ってリラックスしたいときや、長時間の作業には向かないけれど、短時間に集中して作業するときや、気分転換をしたいときなんかにはちょうどいい。

オフィスに仕事用のイスとは別に、こんなイスを1台置いておくといいかもね。
(青山祐輔)

※この記事は2011年02月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト