ONで役立つグッズ!

シルクのような書き心地のノート

2012.09.04 TUE


サイズはA6判、別寸(140×124mm)、A5判、B5判、A4判の5種類。罫内容は横罫、5mm方眼罫、無地の3種類。A5判にのみクリーム上質紙もラインナップ
メモですらキーボードやテンキーで入力することが当たり前になった今日この頃。やろうと思えばスマホやタブレットをなぞって手書き文字を入力することもできますが、それでも紙の帳面にペンで書くという行為はなくなりません。

むしろ、徹底的にアナログの文房具にこだわる層もいらっしゃいまして、ノートでいえば1冊1000円も2000円もする輸入ブランド品が人気を集めています。

しかし何も高級ノートは海外製品ばかりではありません。25年の歴史を持つアピカの定番大学ノート「CDノート」に登場したプレミアムラインは、登場するやいなや2012年の日本文具大賞優秀賞を受賞するなど話題を呼んでいるのです。

標準的なA4サイズで1冊1575円もする、その「Premium C.D. NOTEBOOK」の何よりの売りは、圧倒的になめらかな書き心地です。同社いわく「シルクのような書き心地」を標榜するノート地は、指で触れているだけで気持ちの良い質感。ペンや鉛筆をすべらせた時のさらさら感は、まるで選挙の投票用紙のようといえば伝わるでしょうか。

また、製本にはノートを開きやすい「糸かがり綴じ」を採用することをはじめ、表紙素材やデザイン、ノート地の色みや罫線にまで徹底的にこだわって作られています。

普段使うノートの書き心地には徹底的にこだわりたい、でもベタな海外ブランドは使いたくない。そんな方を満足させる選択肢のひとつといえるのではないでしょうか。
(熊山 准)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト