ONで役立つグッズ!

スマホと連動する高機能な蛍光ペン

2013.11.19 TUE


今のところ暗記用とスクラップ用を同時に使うことはできない。専用アプリは購入後1年まで無料で利用でき、さらに利用する場合は追加課金が必要 対応機種:iPhone 4S/5/5s/5c/iPod touch(第4・第5世代) 対応OS:iOS6以降。Android対応アプリについては、2013年12月初旬に公開予定
紙に書いたメモを、スマホでパシャリと撮影してデータ化。皆さんよくやっていますよね。最近は、新聞や雑誌の気になった記事を、スマホでスクラップする人も増えてきました。紙で残すというアナログ保存の良さもあるけど、後から管理するならデジタルの方が何かと便利です。

でも、スマホで撮影すると不要な箇所が入ってしまったり、ゆがんで文字が読みにくい、なんてことがありがち。

そんなデジタル・スクラップに役立つアイテムが、ぺんてるの『スマートフォン対応ラインマーカー AnkiSnap スクラップ用』です。ペン自体は、ごく普通の青いノック式の蛍光マーカーですが、専用のiPhoneアプリと一緒に使うと、スクラップ作業がはかどります。

必要な記事をAnkiSnapで四角く囲み、専用アプリで撮影すると、アプリが囲んだ部分だけを認識。まるで、ハサミで四角く切り抜いたように保存が可能です。ゆがみや傾きも、アプリ上で補正可能なので、必要な部分だけをキレイにデジタルで残しておくことが可能となっています。

同じシリーズで『スマートフォン対応ラインマーカー AnkiSnap 暗記用』もあり、こちらはオレンジの蛍光マーカーと専用アプリの組み合わせで、暗記用シートをデジタルで作るというもの。

覚えたい箇所をAnkiSnapでマークして専用アプリで撮影すると、アプリ上でマークした箇所が黒塗りになった画像ができます。黒塗りの箇所は、タップするたびに、黒塗りと元の状態が切り替わります。つまり、学生時代に使っていた、赤いペンと緑の下敷きでの「暗記シート」をスマホで再現したというわけ。

学生の頃、「社会人になったら勉強しなくてもよくなるだろう」と思っていたけれど、現実には仕事でも、何かと勉強が必要です。忙しい社会人ですから、AnkiSnapで効率よく勉強や情報収集をしてみてはいかが。
(青山祐輔)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト