今すぐできる「研ぎ澄まし術」を学べ(1)

「動く」で変わる!発想力UP法

2014.10.02 THU


「今、僕らが“研ぎ澄ます”べきスキルとは?」ビジネスのプロ小松さんが教えてくれた。 写真/吉野洋三
ビジネスにおいて、「上司に認められたい」「実力を磨きたい」とは誰もが思ったことがあるのでは? でも「どうやって?」とその方法には迷うもの。そこで今回は、そんなビジネスマンたちのためになる、ビジネスコンサルタントや大学教授も務める小松俊明さんの“研ぎ澄まし術”をご紹介!

キャリアアドバイザーとして様々な企業で講演を行う傍らグローバルな人材育成のため大学の特任教授を務める小松さんに、僕ら20〜30代のビジネスパーソンが飛躍するために必要なことを聞いてみた。

「みなさんは、もっと自分たちの“若さ”を武器にすべきですね。上の世代からすると、みなさんには新しい情報や時代の変化に敏感でいて欲しいし、そうあるものだと期待しています。なので、会議に若い人がいるだけで、クリエイティブなディスカッションができるような気にもなります。リーダーシップやマネジメントスキルなど、後々は必要になるものですが、まずは『若さゆえに期待されている部分』を研ぎ澄ますべきですね」

上の世代と同じフィールドで戦うのではなく、自分たちの若さを武器にするべきだと。

「そうです。おとなしくまとまってしまうよりも、若さの勢いでやってしまう、というくらいの方がチャンスをつかみやすいですよ。時には予期せぬことが起こるかもしれませんが、それによって生まれるものもあるはずです。それでもし失敗したときは、きちんと謝る。そして、そのトラブルさえも相手との信頼を深めるチャンスと捉えて欲しいですね」

なるほど。では例えば自分の考えを研ぎ澄ませたい時などは、具体的にどのようにするのがいいのでしょう? オススメの方法があれば、ぜひ教えてください!

「わたしは意識的に、同じ場所に留まらず常に場所を移動するようにしています。
今はネット上で世界中の様子が見られるため、簡単にその場に行った・その人に会った“気になること”はできると思います。でも、そんな時代だからこそ、手間をかけてでも動いて、場所を変えることが大事だと考えています。場所が変わると、アウトプットが変わってきます。自分の感性を引き出す状況を自ら作り出すということがとても大事ですね。特にビジネスマンは日々の行動をパターン化している人が多い傾向にあります。いつも同じ場所やお店に行くのは楽なのですが、みなさんも一度、普段は行かない隣のお店に入ってみて下さい。自ら動いて環境を変えると、思いがけず行き詰まっていたアイデアや悩みが解決するかもしれませんよ」

確かに、自分の感性を引き出す=研ぎ澄ます時を作り出すことはとても重要。そしてそんな時にオススメなのが、ビジネスを研ぎ澄ましたいオトナのためのエナジードリンク「ROCKSTAR(ロックスター・エナジードリンク)」だ。世界36カ国以上で販売されているその人気の理由は、甘すぎず、程よい酸味が効いたスッキリテイストなので、オトナにも飲みやすいということ。エナジー成分と飲みやすさが魅力の「ROCKSTAR」を飲んで、マンネリ化を打開し、より研ぎ澄ました自分を目指そう!

  • 実際に、小松さんにも飲んでもらったところ「エナジードリンクというと試験前の学生が飲んでいるイメージですが、薬っぽさがなく、私のような大人にも飲みやすいですね!」とのこと。
  • ビタミンBなどの栄養成分、アルギニンなどのエナジー成分、さらにはイチョウやマリアアザミなどの特徴的なハーブも加えた、パワフルなエナジードリンク。飲みやすさと力強さがオトナにうれしい1本だ。ダイドードリンコ自動販売機、コンビニ、web、スーパーで好評発売中!(※一部エリア、店舗で取り扱いがない場合がございます)
  • ロックスターは、世界トップ3エナジードリンクブランドにランキングされており(※)、
    毎年シェアを拡大し続けている人気エナジードリンクブランドです。世界36か国以上で販売され、海外では25種類以上のフレーバーを展開。数多くのアクションスポーツ、モータースポーツ、ライブ音楽へのサポートを通して、アクティブなライフスタイルを送る人達を応援しています。25のカテゴリーにまたがり、250人以上のアスリートを世界的にサポート、年間500以上のイベントにスポンサードしています。
    ※参照元:Euro Monitor 2013年売上ベース

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト