いったいだれに話すべき?

職場の同僚に転職の相談はNG!

2014.12.27 SAT

私のこれまでのキャリアや今後の夢を一番わかってくれている友人に転職の相談をしたいのですが、彼は職場の同僚です。同じ職場の人に、転職の相談をするのはマズイでしょうか?(29歳・営業)

自分の想いを、胸の内に秘めておくことほど、苦しいことはないもの。今の仕事や職場、会社に何かしら思うところがあったり、自分のよりよいキャリア像を考えたりすると、思わず転職の相談を、しかも近しい境遇である同僚にしたくなってしまうものだが、そもそも同僚にそうしたことを相談するのは、やはりマズイものなのだろうか? 多くの転職成功者を輩出するリクルートエージェントに聞いてみたところ、やはり、あまりお勧めできることではないらしい。

同じ職場の人に相談して万が一にも噂が広まり、上司や人事の耳に入るようなことで、会社に居づらくなる恐れがあるということ。自分の夢やこれまでのキャリアを理解してくれる人に相談したいという気持ちはわかるが、親しい友人であっても職場の同僚に相談することは避けた方が無難だという。

相談するなら、あなたが転職を考えている業界や企業、職種ではどんな人材が求められているのか、あなたの何がアピールできるのかといったことについて、客観的なアドバイスができる第三社に意見を求めることがお勧めらしい。

なお、同社では転職意向者のこれまでの経験を客観的に整理し、今後の方向性や最適なキャリアプランを一緒に考えるキャリアアドバイザーが常駐。これまでの経験が転職市場でどれくらい評価されるのかといった情報を、ご提供することも可能だとか。

なんとなく、今の自分の気持ちを聞いてほしくなったら、こうしたサービスを利用するのもあり!?

※この記事は2011年01月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト