誰も知らないクルマの雑学 第4回

世界の高速道路“最高速度”事情!

2015.03.08 SUN


写真は世界初の高速道路網といわれるアウトバーン。ちなみに、ドイツやスイス、北欧などは、罰金額に所得が反映される。収入が多ければ罰金も高く、8000万円以上の罰金を請求されたケースも存在するとか 写真/PIXTA
「イヤなことがあった日は、ハイウェイをぶっ飛ばしてスカッとしたいぜ」。なんだか古くさい言い回しだが、愛車のアクセルを踏みこんで、スピードを出したくなる気持ちはよくわかる。とはいえ、制限速度を超えるのはもちろんNGだ。

しかし海外には、制限速度がない高速道路もあるとか。それがドイツのアウトバーン。この道路なら好きなだけ飛ばせそう…と思いきや「それは間違いです」を教えてくれたのは、世界中でクルマの試乗会に参加している、自動車評論家のMJブロンディ氏。

「確かに、アウトバーンは速度無制限で有名ですが、それは全区間の半分くらい。現在では、安全性やエコの観点から、130km/hの区間が増えています。また、交通量も多いので、以前のように超高速で走るのは難しいと思いますよ」

ちなみに、ヨーロッパの高速道路の制限速度は130km/h前後が多く、フランスやイタリアも同程度だという。日本の高速道路の一般的な制限速度である100km/hより30kmほど速いわけだが、実は日本の高速道路と大きく異なる点がある。それはスピード違反に対する取り締まりの厳しさだ。

「日本の高速道路では、100km/を超えて走っているクルマは珍しくありません。10~20km程度の速度超過なら、結果的には捕まらないケースも多い。是非はともかく、それが実態です。ところが、ヨーロッパでは制限速度が厳密に運用されています。基準は“5%”で、制限速度130km/hなら7km/hオーバーで捕まります」

ヨーロッパでの厳格な運用に対して、驚きなのが中国。この連載の編集担当は、中国に旅行したときにすごい速度で飛ばすフェラーリを見たとのこと。本来、中国の高速道路の最高速度は120km/hだが、外務省の海外安全ホームページの注意喚起によると、地方によってはスピードの出し過ぎが恒常化しているところもあるとか。

「中国の都市部では渋滞が激化してスピードを出しにくいのですが、運転は乱暴なことが多いですね」

ムダにスピードを出すと、危険が増すばかりでなく、燃費も極端に落ちる。国内で運転するときも、海外旅行でのレンタカーを借りて運転するときも、スピードは控えめに。
(コージー林田)

※この記事は2012年3月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト