プリントがネック? 在宅勤務の弱点とは…

1週間出社をしなかった結果…

2015.09.24 THU


全国約1万8000店のセブン‐イレブンで、24時間プリントできるネットプリントサービス。 スマホにアプリ(無料)をダウンロードすることで、スマホからも各種プリントが可能に!
今やビジネスシーンに欠かせない存在となった、スマホ、ノートPC、タブレットなどのモバイル端末。インターネットを活用して“いつでもどこでも”というビジネススタイルが確立しつつある今、出勤せずにそのまま自宅で仕事を行う在宅勤務、つまりテレワークを導入している企業も増えているらしい。通勤ラッシュからの解放や通勤時間の有効活用など、多くのメリットがあるように感じられるものの、実際どうなるのか気になるトコロ。これは自分自身で試してみなければ! というわけで、大切な取材のため、まるまる1週間出社しないことを上司へ高らかに宣言したのち、夢の在宅勤務にチャレンジしてみた! 

初日を迎える前に、自宅で仕事をするための準備をオフィスでスタート。「持ち帰るものが多そう…」なんて感じていたものの、よくよく考えてみると、いつもオフィスで使っているのは、ノートPC1台のみ。うーむ、ではこのデスクの上の書類や書籍の数々は一体…なんて思いつつも、気を取り直して、翌日から在宅勤務をスタート! 始めてみると、業務連絡はメールで来るし、仕事の資料はほぼデータでやり取り。社内へのイントラにもアクセスでき、オフィスにいる時とまったく変わらず作業を行うことが可能。ついついやってしまうムダ話がなくなった分、むしろ効率がよくなったような…。

ところが、3日目にして問題発生。翌日に予定されている取引先でのミーティングに向け準備を進めていたところ、当日配るための企画書がプリントできないことが判明! 自宅にも家庭用のプリンターはあるものの、枚数とプリントの品質を考えると、さすがにビジネスシーンで使うのはいささか厳しく…。

と、そこで打開策として見つけたのが、セブン‐イレブンのマルチコピー機によるネットプリントサービス! 24時間即時対応してくれるプリントサービスで、しかも富士ゼロックスの高品質レーザープリントが利用できるとのこと。早速ユーザー登録を行い、プリントしたい資料のデータをアップ。「あとはプリントするだけ」と、近所のセブン‐イレブンまで出かけようとしたところで、このサービスのさらなるメリット発見! それは、アップしたデータをどの地域のセブン‐イレブンでもプリントできるという点。これなら、自宅近くのセブン‐イレブンでプリントできるのはもちろんのこと、取引先の会社近くのセブン‐イレブンでもプリントできるので、あらかじめ準備した大量の書類を持ち歩く必要がないというワケ。必要になりそうなデータがあれば、あらかじめアップしておくことで、突然のプリントの必要性にも備えることが可能! ネットプリントサービスという心強い味方を得ることで、その後も順調に作業をクリア。無事1週間を乗り切ることができた。

モバイル機器と併用することで、快適なビジネスライフを楽しめるセブン‐イレブンのネットプリントサービス。外出時であっても柔軟な対応を求められるデジタル社会の現代においては、在宅勤務のみならず、様々なビジネスシーンで活用できそう!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト