上司の○%「付き合いが悪い部下の評価下がる」

会社の飲み会断る部下、どう思う?

2016.02.23 TUE

世論調査


「お酒が好きではないから」(28歳)などは、飲みの誘いを断る理由として正直に伝えてもよさそう。また、少数ながら「行った結果、嫌になって退職に至るのを防ぐため」(26歳)なんてところまで思い詰めている人も…。さすがに上司には伝えられないですね 画像提供/CHIRO / PIXTA(ピクスタ)
若手社員と上司の間で、モチベーションに差がありそうな「飲みニケーション」という行為。特に、最近の若手社員は上司との飲み会に参加しないという話を耳にするけれど、実際のところはどうなのだろう? そこで、上司と部下の飲み会の実情についてアンケートを実施(協力/アイリサーチ)。まずは若手社員に対して、嘘をついてまで上司との飲み会を断ったことがあるかどうか聞いてみた。

〈Q.嘘をついて上司の飲みの誘いを断ったことはありますか?〉
(調査対象:20~30代会社員男性200人)

全くない 29.5%
たまにある 55.5%
頻繁にある 15.0%

半数以上が「たまにある」と回答。「頻繁にある」と合わせると、7割以上が上司から誘われて嘘をついて断ったことがあるという結果になった。理由としては「上司と飲むことの何が楽しいのかわからない」(たまにある/35歳)、「その上司が嫌いで、行っても損しかしないから」(頻繁にある/26歳)など、とにかく「楽しくない」という意見が多数。しかし、わざわざ嘘をついて断るのは「相手を不快にしないため必要なことだと思います」(たまにある/34歳)のように、上司へのせめてもの配慮であるようだ。

一方、断られる側の上司に、部下に嘘をつかれて誘いを断られたことがあるかと聞いてみると、次のような結果に。

〈Q.部下を飲みに誘って、嘘と思える理由で断られたことはありますか?〉(調査対象:部下を持つ40~50代会社員男性200人)

全くない 71.5%
たまにある 25.5%
頻繁にある 3.0%

7割強の上司が「嘘をつかれて断られたことはない」と答えたことから、若手のついた嘘はバレていないことも多い様子。しかし、「たまにある」と答えた鋭い上司からは「目が泳いでいたから」(56歳)、「行きたくないオーラを感じたから」(48歳)のほか、「他の人と飲みに行っていることが後で分かったから」(48歳)といったコメントが寄せられた。普段から行動を共にしている上司の目はごまかせないというケースもやはりあるようだ。

でも、いくら上司と飲みにいきたくないからといって、あまりにも頻繁に断り続けていると「付き合いが悪い」と認定されてしまいそう。実際に「付き合いが悪い」と思われてしまった場合、仕事の面での影響はあるのだろうか?

〈Q.「付き合いが悪い」と認定した部下に対して、仕事面の評価は変わりますか?〉(調査対象:部下を持つ40~50代会社員男性200人)

評価に影響する 8.5%
評価には影響しない 91.5%

ほとんどの上司が「付き合いの悪さは仕事の評価には影響しない」と回答したものの、10%弱は評価の面でも「付き合いの良さは大切」と考えている模様。それぞれの理由については以下の通り。

【付き合いの悪さは評価には影響しない】
「自分もかつては上司に対して嘘の理由で断ったことがあるし、仕事に影響しなければ問題無いと思っている」(48歳)
「仕事が出来るかどうかは、付き合いの良さ悪さではない」(46歳)
「仕事とプライベートは別」(55歳)
「アフターファイブは仕事ではない」(49歳)
「心象は良くないが、評価に加えてはいけないから」(55歳)
「評価に私情を入れるべきでないから」(48歳)

【付き合いの悪さは評価に影響する】
「仕事にはある程度の付き合いは必要なので、全く飲み会に参加しない人等はちょっと…」(42歳)
「気心が知れない相手は、高い評価が出来ないから」(43歳)
「人事考課には人付き合いもあるので多少は影響する」(53歳)
「やはり飲みニケーションは重要だから」(49歳)
「付き合いが悪い人間は仕事もできない!」(46歳)
「同じ成績な場合、付き合いがいい方に評価は高くなります」(48歳)

若手の気持ちに理解のある上司もいるが、注目したいのは【評価には影響しない】派の中にも「心証は良くない」「私情は入れない」など、印象自体は良くないという声があること。気の合わない上司と飲みに行くつらさか、出世や職場の人間関係が上手くいかなくなるつらさか、どちらを取るかはよくよく考えた方がよさそうです…。

(有栖川匠)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト