若手ビジネスマンの自己評価は…

意外に高い!自分の仕事上位何%?

2016.02.27 SAT

世論調査


東芝は、2016年3月末までに、1万人以上をリストラすると発表している… 写真/PIXTA
「米・Yahoo!社で、社員を15%も削減する過酷なリストラが行われる」と、ウォールストリートジャーナルが報じた。なんでも、独自の社員評価システムがあり、その評価で下位となった社員がおもなターゲットになるのだとか…。

企業が苦境を乗り切るためには仕方ない? とは思いつつも、恐ろしすぎる話。では、同じような評価システムが勤務している会社にあったら、自分が社内でどれぐらいの位置にいると思うか? 20~30代会社員男性200人にアンケート調査してみた。
(協力/アイリサーチ)

〈勤務する会社において、自分の仕事能力は、上位何%に入る?〉
(100までの整数を入力)
・上位10%までには入る 17.5%
・上位11~30%までには入る 24.0%
・上位31~50%までには入る 36.0%
・上位51~70%までには入る 5.0%
・上位71%以下… 17.5%

「上位50%以上」という人だけで77.5%。平均は「上位43.2%に入る」との回答結果だった。こう見ると、かなり自分への評価が高いように見える…。詳細なコメントは以下の通りだ。

●「上位10%までには入る」という人の意見
「営業成績も上位で研修も行っており、会社の大半の資料は自分で作成している」(30歳)
「営業成績が例年、上位から5~10番目だから」(37歳)
「毎年営業マンの中で売り上げ3位なので」(39歳)
「少なくともナンバー5には入っているという自負があるから」(39歳)

●「上位11~30%までには入る」という人の意見
「同期の中で出世に近い職場にいる」(26歳)
「営業優秀賞をもらったことがある」(33歳)
「新規事業など重要な仕事を任されていると思うので」(33歳)
「今のところ先輩・上司も含めて『この人にはかなわない』と感じさせられたことがない。むしろみんな仕事が遅いと感じる。控え目に見ても20%には入っている」(37歳)
「100人の営業マンの中で15番目以上の成績だから」(35歳)
「人前でしゃべったら、色々な人から褒められたので、そこそこ能力があることが分かった」(36歳)

●「上位31~50%までには入る」という人の意見
「他の人が知らない事をまあまあ知ってるから」(28歳)
「仕事は平均の人以上に早いと思うが、小さなミスが多いのでふつうだと思う」(31歳)
「同年代なら上の方。ベテランには劣る」(32歳)
「平均よりちょっと上な気がしたから」(36歳)

●「上位51~70%までには入る」という人の意見
「昇進をそれほどしていない」(29歳)
「自分の給料分は働いてる」(39歳)

●「上位71%以下…」という人の意見
「会社のお荷物、と陰口を言われているから」(30歳)
「自分はいつも同じ仕事しかさせてもらえないのを見ると、最下位に近いであろう」(31歳)

印象的だったのは、自己評価が高い人からは「営業成績が○位以内」などと、具体的な数字にもとづいた自負が感じられることだ。

では、将来的な自分の能力についてはどうか? こちらもアンケート調査に回答してもらった。

〈5年後に同様の評価をしたら、自分の仕事能力は、上位何%に入ると思う?〉
(100までの整数を入力)
・上位10%までには入る 29.5%
・上位11~30%までには入る 36.0%
・上位31~50%までには入る 27.5%
・上位51~70%までには入る 2.5%
・上位71%以下… 4.5%

平均は「上位30.0%に入る」と、10ポイントほど増加! 全体的にも現在の自己評価より上位を目指すと答えた人が多かった。

世界に名だたる大企業でも、大幅なリストラを断行するご時世…。自己評価だけでなく、「○位以内に入っている!」と断言できる確固とした評価を手に入れるべし!

(梵 将大)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト