女性からは「普通の服でもほしい」と歓迎の声

「下着が透けない白衣」に男性憤慨?「余計なことを」

2016.09.02 FRI

噂のネット事件簿


ラインナップはジャケット、パンツ、ワンピース ※画像はスクリーンショットです。
企業向けユニフォーム販売を手掛ける企業「大真」が、「裏地付き透けない白衣」の製造販売を開始すると、ニュースサイト「ニュースイッチ」が報じた。ネットでは、男性たちの悲しみの声が広がっている。

この白衣は、生地と特殊な裏地を組み合わせることで、どんな下着の色や柄も透けなくすることができる特許技術が採用されているとのこと。例えば、ゼブラ柄や豹柄といった透けやすい下着を着用していても、さらに、水に濡れてしまっても、生地が伸びたとしても透けないというから、まさに“死角なし”。

そんな白衣にTwitterでは、

「余計なことしやがって(憤慨)」
「これは化学兵器に匹敵する程の極悪な発明。即刻中止すべき」
「凄いと思うんだけど、なんか複雑な気持ち…。余計な事しやがってーみたいな」
「素晴らしい技術には間違いないが、なんとなく気持ちが下に向くような。単なる自分勝手な男心」
「また一つこの世に要らない技術が誕生してしまった。どんな色の下着か分からない!」
「わりとガチで、男性入院患者の生きる希望を無くすのでやめてください」

と男性とおぼしきユーザーから落胆する声が続出。一方で、

「なん…だと…? というか今までそんな透けてたの?」
「逆に興味が増すというキケンな連鎖が生まれるという……」

と、驚く人も。

ただし、

「封筒にもこういう原理で透けなくしているものがありますね。
夏は白い服が着たい!普通の服でも欲しいですね、こういうの……下に何か着るのは暑いので」

という女性と思われるユーザーからの歓迎の声があるのも事実。

男性陣にはいろんな意見があろうが、透けない白衣の実現は、女性にとって朗報なのは間違いない。
(山中一生)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト