石の上にも3年というけれど…

理想の期間は? 転職や退職…何年勤めて判断すべきか

2017.03.29 WED

データで読み解く ぶっちゃけ世論調査 > 世論調査

長く働くことももちろん大切だが、我慢を続けて限界に達してしまうことがないようにしたい
写真提供/geargodz / PIXTA(ピクスタ)
キャリアアップのため、もしくは、現在の職場に不満があるから…など、様々な理由で転職を考えたことがあるビジネスマンは多いだろう。しかし、悩むのがひとつの職場でどれくらいの期間働いてから転職を考えるのが正解なのかということ。決まった職場でじっくり働くのがいいのか、次々に新たな経験をするのがいいのか…そこで、転職経験がある20~30代会社員200人(男女各100人)に「転職を決断するベストなタイミング」についてアンケート調査を行った。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈転職の決断をするまでに、ひとつの会社でどれくらい働くべき?〉

平均 13カ月
(最小:0カ月、最大:60カ月、中央値:11カ月)

・0~5カ月 29.5%
・6~11カ月 20.5%
・12~23カ月 24.0%
・24~35カ月 13.0%
・36カ月以上 13.0%

平均すると、1年強くらいは働いてみるのがいいという結果に。1年間働けば、繁忙期と閑散期を経験できたり、職場の雰囲気や人間関係も把握できたりして「自分に合う、合わない」を判断できるということだろうか。ただ、回答全体の分布をみてみると、半年未満にあたる0~5カ月が最多ゾーンになるなど、早めに決断するほうがいいと感じている人も多いようだ。それぞれに寄せられたコメントは以下の通り。

※コメント後のカッコ内(回答した期間/年齢・性別)

●早めに決断する派
「自分がそう感じたときがそのときだから」(1カ月/37歳・男性)
「あまり長くズルズルやるのはよくないと思うから」(3カ月/28歳・女性)
「嫌ならすぐにやめればいい」(3カ月/37歳・男性)
「長くいても、ストレスと心労がたまるのみ」(6カ月/35歳・男性)
「初めのうちは慣れていないのでちょっとしたことで嫌になってしまいがちだが、よっぽどのブラック環境でない限りは長い目で見て決めたほうがいいと思う。また、6カ月以上であれば有給休暇がつくので」(6カ月/32歳・女性)

●1年くらい働く派
「だいたい仕事内容なども把握できるので」(12カ月/38歳・男性)
「1年間働けばその会社のおおよその流れがわかるから」(12カ月/28歳・女性)
「まず、現状を変えるべく色々と試行錯誤し、そのうえでどうしようもない場合は転職を考える。となると、1年ほどの期間が必要になると思う」(12カ月/36歳・男性)
「周囲の状況判断をするため。また、1年もいれば周囲の環境が変わる可能性もあるため」(12カ月/39歳・女性)
「1年未満の期間だと、職場の文化や雰囲気、制度などに自身が馴染んでいないだけで、徐々に改善されていくことに期待がもてるから。逆に1年超えても違和感を感じるなら、その後改善されていくとは思えないから」(12カ月/39歳・男性)

●じっくり見極める派
「仕事に慣れてくるのにそれだけの時間がかかると思うから」(24カ月/32歳・男性)
「転職時に不安がられるから」(24カ月/33歳・女性)
「その会社でおおむね一人前になってきて、ほかのことを考える余裕が出てくる頃だから」(24カ月/27歳・女性)
「向き不向きの場合は3年働かないとわからないと思うし、すぐ辞めると思われてしまう」(36カ月/36歳・女性)
「ある程度続けないとわからない」(36カ月/33歳・男性)
「石の上にも3年」(36カ月/37歳・女性)

転職活動をスムーズにするためには、ある程度の期間働いてから決断するのがいいとする声もあった。確かに、働くうちに習得したスキルが転職先で役立つこともあるはずで、早計な判断はマイナスに作用するケースも考えられる。とはいえ、働けば働くほど心身ともにすり減らされてしまうような場合は、早めに決断するほうがよさそうだ。

(笹沼杏佳)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト