ネットオークションも新時代へ

ヤフオクとeBayがタッグ結成気になる提携内容は?

2007.12.28 FRI


こちらが「sekaimon」の商品説明画面。「NWT BANANA REPUBLIC $78 KHAKI DRESS CHINO PANTS 35 34」は「バナナ共和国$78のカーキ色の服のチノによっては35 34が喘ぐ」と訳されている(笑)
ネットオークション界で大連立が実現! 2007年12月4日、おなじみ「ヤフオク」ことYahoo!オークションを運営するYahoo! JAPANと、アメリカ最大級のオークションサイトeBay(イーベイ)が提携を発表した。

eBayは欧米を中心に約2億4800万人の利用者数を誇り、520億ドル(約5兆7400億円)の年間取扱高を誇るメガオークション市場。会員約660万人、年間取扱高7127億円(2006年)というYahoo! オークションが提携する意味合いは大きい。ボクら的にも、英語でのやり取りや関税、決済の処理…いくつものハードルがあった海外オークションへ気軽にアクセスできるようになるのはうれしいニュースだ。

提携の第1フェーズとして、両社は販売代行サイト「sekaimon」をオープン。ここではeBayの出品商品が日本語で案内されており、日本からイーベイのオークションに参加できる。ヤフオクユーザーはYahoo! JAPAN IDをそのままアカウントとして使うことで入札するという仕組みだ。さっそく、提携前からeBayを使い倒している海外オークションマニア・御厨(みくりや)慎一郎さんと一緒に「sekaimon」にアクセスしてみよう。…えっと、まずは商品名のトンチンカンぶりが気になるんですけど。

「そうそう、点数がハンパなく多いから、商品の説明文はサイトの自動翻訳。ファッションブランドの『バナナリパブリック』が『バナナ共和国』、『NORTH FACE』が『北の表面』になっていたりするんですよね(笑)」

ま、説明文は類推できるから問題なさそうだけど…。このeBay市場開放により、どんなアイテムがゲットできるようになるの?

「フィギュアなど日本未発売ものが多いホビー系、欧米先行発売が通例のファッション、コスメ系は宝の山かもしれませんね。あと、デジタル系もおすすめ。アメリカでは『Eee PC』や『gPC』など200ドル以下のノートPCが続々リリースされてますから、その手のアイテムを探してみるのも面白そう」

気になる手数料はというと、「sekaimon」の仲介で発生する費用は、手数料(商品価格の15%)、国際配送料、関税、消費税。上乗せ分の計算は気になるところだけど、決済や配送処理も代行してくれるっていうから、トラブルの可能性もぐっとおさえられそうだ。ちなみに、2008年中にはeBayにもヤフオクの購買代行サイトが開設される予定。これにより、欧米ユーザーもヤフオクの商品を落札できるようになる。

「海外出品の仕組みがカンタンになるのはスゴイですよ! 身の回りにある何てことないものが超高値に化ける――それが海外オークションの醍醐味ですからね。かつて、eBayではポケモンカードを、遊戯王カードなどが高値で落札されて話題になりました。オタク系アイテムは確かにねらい目。とはいえ、日本でも入手困難なレアアイテムはいまさら素人が入っても難しい。カードやポスター、下敷きなど、キッズ雑誌やアニメ誌の付録は、意外に高値がつきますよ。eBayのアニメカテゴリーでは『Furoku』というフレーズが普通に使われているぐらいですからね」

入札・落札の取引数が増えることで、Yahoo! JAPANとeBayは登録料・手数料が入って儲かる仕組み。今回の提携によって、両社のマーケットが世界的に広がっていくのは間違いない。買い手としてはもちろん、売り手としてボクらにも大きなチャンスが! 売れ筋をチェックしつつ、海外オークションデビューをねらうのも悪くないかもね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト