給料UPを自慢、忙しいアピールをする…

会社員の約5割 転職した元同僚に「イラッ」の経験アリ!

2016.06.30 THU


「転職しても成長していないと思われる言動をしない」、「今と前の職場を比較するような言い方はしないほうがいい」など、転職した元同僚に対するアドバイスも多数寄せられた
写真:xiangtao / PIXTA(ピクスタ)
30代会社員の2人に1人が転職経験者ともいわれ、一つの会社に「骨を埋める覚悟で…」という人は少ない時代。あなたの周りにも、転職していった同僚は多いのでは? そんな“元同僚”と久しぶりに連絡を取ってみると、自慢や説教などイラッとする発言が耳にさわることも多い。 そこで、転職していった同僚がいる20~30代の会社員男女300人にアンケートを実施し、本音を探ってみることに。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

■転職した元同僚にイラッとしたことがありますか?


・イラッとした経験がある 49.7%(149人)
・イラッとした経験はない 50.3%(151人)

なんと約半数が「ある」と回答! では、具体的にどんな言動にイラッとしたのだろう? 「イラッとした経験がある」と答えた149人に聞いてみた。

■元同僚に「イラッ」とした言動TOP10

(19項目の中から1~3位までを選択。1位=3pt、2位=2pt、3位=1pで集計)

1位 給料が上がったことをやたらとアピールする 114pt
2位 前職の業務体制や上司などを批判・口出ししてくる 100pt
3位 転職先の待遇を自慢する 81pt
4位 転職先の仕事の内容を自慢する 67pt
5位 転職先の仕事の内容を愚痴る 66pt
6位 転職先の給与面や待遇を愚痴る 59pt
7位 辞めたくせに「前職の方がよかった」などと言ってくる 47pt
8位 転職先の人間関係の相談や愚痴を聞かされる 46pt
9位 「人生で1回くらい転職したほうがいい」などやたらと転職を勧める 35pt
9位 転職先で仕事量が増えたことをアピールする 35pt

最も多くの人がイラッとしたのは「給料が上がった」アピール。続いて「前職を批判する」発言が2位に。これらが上位に選ばれた理由は?

【1位 給料が上がったことをやたらとアピールする】


「私が安月給だと知っていて言ってきたから」(37歳・男性)、「ここよりずっと給料がいいといわれた」(24歳・女性)など、もともと同じ職場だっただけに、「自分の給料を知った上で自慢してくることがムカつく」という人が多数。「当て付けみたいで嫌悪感を感じる」(33歳・男性)と、強い拒否反応を示す人も。

【2位 前職の業務体制や上司などを批判・口出ししてくる】


「今の自分は頑張っているのにその会社を全否定されたこと」(30歳・女性)、「前職の上司に対して、あの人は向いていない等言う。辞めた人に言われたくない」(39歳・女性)など、“部外者”の立場から“現役”の自分に向かってとやかく言われることにイラッとする人が多かった。

【3位 転職先の待遇を自慢する】


「転職してよかった。あんな休みの少ない会社は他にはない。絶対に前の会社に戻りたくない。みたいな感じで言ってくる」(37歳・男性)、「あらゆる条件面で良くなったことを自慢し、『お前にはできない』といわれた」(31歳・男性)といった有休や昇給などの条件・待遇アップに関するイラっと発言が目立った。

【4位 転職先の仕事の内容を自慢する】


「大きい仕事をまかされていると自慢される」(36歳・男性)、「やたらと忙しいアピールをされた」(32歳・女性)など、転職先で頼りにされているという自慢が鼻につくとのこと。「特別スゴくないのに自慢話をする」(38歳・男性)というように、元同僚で仕事の能力が分かっているだけに、イライラする人も多いよう。

【5位 転職先の仕事の内容を愚痴る】


「人間関係のつらさを愚痴る」(29歳・男性)、「拘束時間が長いと愚痴る」(28歳・男性)など、自慢だけでなく、転職先の愚痴もイラッとする原因に。自分で転職を決めておいて、今さら文句を言われても…というのが、残された方の本音みたい。

ちなみに、イラッとした言動を男女で比較してみると、男性は「給料が上がったことをアピールする」が67ptで1位なのに対し、女性は「前職の業務体制や上司などを批判・口出ししてくる」が67pt で最多。男性にとっての給料自慢は、「お前よりオレの方が仕事がデキる」と言われているようでイラっとするのかも…? 一方、女性は職場での人間関係や環境を重要視していると言えそうだ。

元同僚との転職話は、想像以上にデリケート。自慢も愚痴も、相手が聞いてこないうちは話題にしないのが、違う職場になった後も仲良くしていける秘訣なのかも。

(榛村季溶子/short cut)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト