ネット界の“旬”なニュースをお届け!

自衛隊が販売 人間魚雷「回天」のキューピーに外国人驚く

2009.12.24 THU

噂のネット事件簿


「回天」キューピーはグレッグ・ライス記者を驚愕させたようだ ※この画像はスクリーンショットです
「ほふく前進」や「戦車」「戦闘機」など、ミリタリーをモチーフとしたキューピーのストラップを自衛隊では販売しているが、先週以降、「人間魚雷」として知られる「回天」をモチーフとしたキューピーがネットで話題となっていた。

 自民党の山本一太議員は小池百合子自民党広報本部長による「あのね、他にも零戦のキューピーちゃんとか、回天のキューピーちゃんもあるのよ!」のセリフを自身のブログで報告。これに対し、「『零戦』はまだしも、『回天』に乗るキューピーちゃんストラップはマズいと思う、な。(苦笑)」と山本議員の感想を述べている。

 はてなブックマークでは300近いブックマークが付き、「怒りがこみ上げてきた。/ 俺んちの親父は震洋乗員だった。これを見ることなく死んだのが幸い」「悪趣味と言わざるをえない。しかも販売元が・・・見識を疑う」「本当に、本当にコラでもネタでもなく事実なのか?」などと波紋を呼んだ。

 この「回天」キューピーは日本のサブカルチャー的なニュースを伝える英語サイトJAPANATORでも紹介された。「自衛隊が自殺魚雷型キューピーを発売」の見出しで書かれたこの記事、「おぉぉ、ちょっと待ってくれよ、日の出ずる国よ。オレらはちょっとお話する必要あるんじゃねぇの?」と開始する。

 そしてこの記事を書いたライス記者は以下のように続ける。「私は、あなたたちが携帯電話に小さくて可愛い飾りをつけるのが好きなのは知ってるけど、それにも限度ってものがあるんじゃないか? そして、その限度を超えたものを見つけてしまったよ」。

 さらにライス記者は「これを大丈夫だとどうして考えられるんだい? しかも、自衛隊が売るってどういうことだ?」とも評す。さらには日本の外交問題にも言及。

「日本が中国や韓国、その他のアジアの国々と関係を改善しようとするも、いつもちょっとしたケアレスミスを政府がしてしまう。いや、これを一般企業が売っているのであれば、そこまで私も腹を立てなかったと思うけどね」

 これに対して記事のコメント欄では英語で以下のように書かれた。「こりゃあ今日一日で一番笑ったよ」「どこで買えるの?」「中国・韓国・その他アジア諸国はこのヒドい携帯電話の飾り物について考える以外の重要案件があることを願うよ」「これが日本だぜ!」「あぁ日本よ、お前らはクレージーだ」「ハハハハハ。こりゃ色んな意味でバカだ!」「ハハハ、日本の帝国主義の歴史を知ってはいるけど、これをそこまでバカだとは思わない。いや、マジで。そもそもこんなすげーアイデアを最初に考えたのは誰だよ?」「私は個人的にはそこまで侮辱されたとは思わない。道義的におかしいというだけで、セールで販売されてたら私も買うと思う」。 

 なお、自衛隊用品を扱うウェブショップで同商品は現在「準備中」となっている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト