今週のじっくり腰をすえるゲー

世代を超えてワイワイ遊べる新しいスーパーマリオ

2010.01.15 FRI


マルチプレイでは主役のマリオ、ちょっと頼りない弟のルイージに加えて、いつもは助けられる側のキノピオ(青と黄の2人)たちを操作。アクションゲームが苦手な人でも友達と協力すれば、難関ステージだって楽勝かも!? (C)2009 Nintendo
世界一売れたギネス記録を持つゲームを知っているだろうか? 答えはファミコンの『スーパーマリオブラザーズ』(以下、スーパーマリオ)。「スーパーマリオ」をプレイして、ミスしそうになるたびに思わず変な声をあげてしまうのは、世界中の20~30代が共有できる思い出だろう。今回オススメするのは、その世界一有名なゲームの流れを汲みつつ、新要素が盛り込まれた『NewスーパーマリオブラザーズWii』。

ゲームの内容はおなじみの『スーパーマリオ』そのもので、ジャンプを駆使してアスレッチクなステージをクリアしていくアクションゲームだ。動く足場を飛び移っていくハラハラ感、「なんでまた同じところでミスっちゃうの!?」という悔しさ、でも何度でもやり直したくなる楽しさはあのころのままだ。基本的な操作方法もファミコンの『スーパーマリオ』と変わらないので、誰でもすぐに覚えられるのがうれしい。

そして、本作の最大の特長は最大4人で遊べるマルチプレイ。同じステージを同時に遊べる協力プレイでは、仲間を持ち上げて運んだり、踏み台にしてジャンプしたりと、工夫を凝らすことで難しいステージも簡単に先へと進むことができる。大人数で「あーでもない、こーでもない」と協力しながら進めていく感覚は、これまでの『スーパーマリオ』シリーズにない新たな魅力だ。

昔を懐かしみつつ友達と遊ぶも良し、子供たちと遊んで経験の差を見せつけるのも良し。まさに世代を超えて遊べる1本。4人同時に思わず変な声をあげてしまう、新たな『スーパーマリオ』の面白さを体験してみてはどうだろうか。
(吉川哲弥)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト