ビジネスマンに捧ぐ通勤BGM

恋の気分を高めるサニーデイ・サービスの名曲

2010.04.08 THU


デビュー・アルバム『若者たち』から15年の時を経て、再結成後初となるアルバム『本日は晴天なり』を4月21日にリリースするサニーデイ・サービス。曽我部恵一が「サニーデイ・サービスの中でも最高のアルバム」と話す通り、バンドの良さが凝縮されたナンバーが並ぶ。4月29日には、日比谷野外大音楽堂でのライブ、さらに5月には宮城県で行われる『ARABAKI ROCK FEST.10』への出演も決定している
春は人の移動もあって出会いがあり、新たな恋愛が始まるチャンスだ。まして、ポカポカ陽気の休日には、恋人と一緒に過ごしたい。でもそうした恋愛モードの感情とは裏腹に、毎日の仕事や将来のことを考えたり、プライドが邪魔したりして、なかなか恋愛に踏み出せない人も多いのでは?

そんなビジネスマンの通勤BGMとしてお薦めしたいのが、サニーデイ・サービスの「恋におちたら」。恋愛と素直に向き合いたくなる初期の名曲だ。サニーデイ・サービスは、ヴォーカル/ギターの曽我部恵一を中心に1992年に結成された3ピース・バンド。「はっぴいえんど」や「はちみつぱい」など、日本のフォークロックの影響を感じさせる曲を多く作り、2000年に解散するまでアルバム7枚をリリース。2008年7月には再結成した。

1995年に発売されたシングル「恋におちたら」は、2ndアルバム『東京』にも収録されている。恋人を思い浮かべる満ち足りた心象風景をスナップ写真のように切り取った歌詞が、アコースティックな音色でポップに彩られる楽曲にのせて歌われている。曲が醸し出す穏やかで爽やかな質感は、暖かな春の朝にぴったり。

今年の春は、「恋におちたら」をBGMに、好きな人を想いながら通勤してみよう。そうすれば恋愛にも前向きになり、彼女に素直に気持ちを伝えられるかも。恋人と過ごす休日があれば、日々の仕事も充実するはず。
(Beat Sound編集部 菊池真平)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト