爽快! サイダー男子部

第6回 不透明な世の中で光る!すごい透明商品たち

2010.05.20 THU

爽快! サイダー男子部


「AM有機EL」は、色の再現性や鮮明度に優れたディスプレイで「夢のディスプレイ」といわれているとか

透明化による新たな可能性! 話題のプロダクトに迫った!



2010年も3分の1以上が終わりましたが、なかなか景気のいい話も聞かず、まだまだ先行き不透明な日本経済。そんな状況だから、お財布事情が厳しいのはみんな同じ。「消費意欲が低迷している」なんてテレビや新聞でいわれていますが、それもうなずけます。

でも、そんな不景気で不透明な世の中でも、人々が「ほしい!」と思ったり、実際売れている商品があるんです! キーワードは「透明」。最近、透明な商品が調子いいのだとか。

ひとつめの商品は、今年の初めにアメリカで開催された家電見本市「CES」で発表され、大いに話題を呼んだ透明ディスプレイ「透明AM有機EL」。写真を見てもらっても分かるように、PCのディスプレイの向こう側が透けて見えちゃってます!

なんでも、ガラスのように透明でありながら電気を通す性能を持つ『透明電極』によって実現されたディスプレイなんだそう。この透明ディスプレイが実用化されれば、PCだけでなく街中のショーウィンドウや窓など、様々な場所で映像を楽しむことができるかも!さらに進化すれば、物理的に何も見えない空間の中にディスプレイを出現させ、3D映像を映し出すなど、映画で見た未来のディスプレイが実現できるかもしれないという話も…。

これは新しいもの好きな人でなくとも、ほしくなっちゃいますね!

続いては普段の生活を便利にする透明な商品。無印良品の「貼ったまま読める透明付箋紙」です。こちらはすでに発売されており、人気商品のひとつ。

「『この本や地図は、何度も使いたいので汚したくない。でも分かりやすいように書き込みたい』。 そんなときに、このプラスチック素材の透明付箋紙を貼り、上から書き込めば、直接書き込んだかのように使えます。また、貼ってはがせる付箋紙なので、書き込みが不要になったらはがすこともできます」(良品計画・宣伝販促室・片寄美恵さん)

実はこれ、ユーザーが無印良品に作ってほしい商品を提案する「空想無印」というサイトから生まれた第1号の商品なんだとか。書き込み禁止の会社の資料にメモを書き込めるし、その名の通り貼ったまま読めます。これは人気になるのも納得ですね。
透明なので、読むときに邪魔にならないし、コピーするときもそのままでOK。透明という特徴をうまく利用した商品だ
夢のような未来を提案してくれる透明ディスプレイ、そして「こんな商品があったら便利なのに!」を実現した透明付箋紙。透明プロダクトには様々な可能性がありますね。ではほかの商品はどうでしょう? さらに探してみることにします!
室内や夜、曇りの日でもかけていて不自然でない透明なサングラス。紫外線をカットしてくれるだけではなく、目の疲れも軽減してくれるとか

サングラスも透明に! 透明はカラダにやさしい!?



この不景気のなか、売れている商品は「いいもの」だけではなく「安心」や「自然」というのもひとつの共通点。カラダをやさしくいたわってくれる商品が話題を呼んでいます。

強い日差しに悩まされる時期は、サングラスがほしくなりますね。サングラスのレンズを作っている乾レンズの諸井晴彦さんによると、夏の日差しってけっこう恐いものなんだとか。長い間、目に紫外線が当たると角膜が炎症を起こしたり、白内障の原因になるんだそう。

「しかし、サングラスをかけることに抵抗がある人もいますよね。そこで限りなく透明に近いレンズ『ハイドコートレンズ』を開発しました。実は紫外線は散乱光のため、日陰にいる人も地面からの反射などで紫外線を浴びてしまっているのです。また、都会では夕方になっても昼と紫外線の量がかわらないという調査もあります。そこで一日中かけていても不自然ではない透明なサングラスのレンズが必要だと考えたのです。特殊な技術でレンズにコーティングを施し、ほぼ透明なレンズながら紫外線A波、B波を99%カットし、眩しいと感じる光も鏡のように反射して40%軽減することに成功しました」(乾レンズ・諸井さん)

このレンズは蛍光灯やパソコンのディスプレイなどの眩しい光を、目にやさしい光に変える効果もあるという。透明なので職場でかけていても不自然ではなく、仕事中の目の疲れを軽減してくれるんだとか!

そして透明といえば、もちろん三ツ矢サイダーですよね! いま売上が右肩上がりで、特に20代の男性に人気なんだとか。

「三ツ矢サイダーに使用する水は何度もろ過を重ねた磨かれた水。また特長でもあるさわやかな香りは、果実など植物由来のものにこだわっています。それが透き通った見た目と、すっきりした味わいを生み出しているのです。素材へのこだわりが生んだ味わいと、ほどよい甘み、ちょうどいい炭酸の刺激、そして飲んだ後の爽快感が評価いただいているのではないでしょうか」(アサヒ飲料・安田さん)

これからの季節にぴったりなサイダー。その透明なビジュアルは見ているだけで涼しくなってきますよね。三ツ矢サイダーもこだわりを持って作られているようです。そしてほかの商品も、透明であることにそれぞれの理由があり、その理由が商品の持ち味や人気の秘密になっているんですね。うん、もしかしたら、この不景気で不透明な世の中を切り開くキーワードは、やっぱり「透明」にあるのかも!?
透明な炭酸飲料といえばやっぱり三ツ矢サイダー。その見た目とすっきりした味わいは、これからの季節にぴったり!
   再び、部長の西田です。

いかがでしたか、不景気の中でも元気な透明商品たちは?
各社とも、とてもこだわって技術的な努力を重ねて
透明な商品を生み出していましたね。
う~ん、勉強になりました。

前回まで合コンネタが続きましたが、
サイダー男子部は恋愛だけじゃなく
ちゃんと仕事に役立つ勉強もしているのです。
けっこう楽しそうでしょ?

これからも僕たちサイダー男子の活動に
どうぞご期待ください!

みなさんが共感できるような疑問を
どんどん解決していきます!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト