ボクらの「ケータイ事情」大調査

第4回 スレスレのケータイマナーを再チェック!

2010.06.24 THU

ボクらの「ケータイ事情」大調査


男女ともにほとんどの人がマナー的に正解をチョイス! でも「その場で出ず、とりあえずこっそりメール」という禁じ手をしちゃったことがある人、結構いるんじゃないですか? ※全国の20~34歳の男性500名/女性500名へのインターネットアンケート結果(2010年5月実施)
上司(先生)と、ちょっと長くなりそうなマジメな会話中、彼氏・彼女からケータイに電話がかかってきました。さて、あなたはどうしますか?

…20~30代の男女に同じ質問をしたところ「その場では出ず、会話が終わってからかけ直す」と答えた人が全体の9割近くを占めました。その次に「その場では出ず、とりあえずこっそりメール」という人がほんの少数という結果に。

この質問、大人としての正解は、もちろん「その場では出ず、会話が終わってからかけ直す」。この問題はマナー的には超初級なので、ほとんどの人が正解したのも納得。でも、ケータイって元々プライベートなものだから、マナーの視点で見てみるとちょっと曖昧なところもあるんですよね…。というわけで今回は、ケータイマナーを再チェック! マナー講師の大久保直子さん、よろしくお願いします。


イラスト/コットンズ ケータイはジャケットのポケットかカバンに入れておくのが正解! ちなみに「机の下でメールを打ったり、小声で話したりするのも意外に目立つもの」(大久保さん)とか。耳が痛いです…
「ビジネスシーンなどでやりがちなのは、他社を訪問中にケータイをテーブルの上に置くこと。これは、たとえ社用ケータイであってもマナーとしてNG。相手にはそれが社用のものか、個人的なものかわかりませんし、そもそもケータイは小さいだけで電話です。他社に自社の電話を持ち込むのはおかしいですよね。もちろん、電話に出るのはご法度。マナーモードでバイブが振動するのもNGです。“相手に集中する”というマナーの基本姿勢を忘れずに」

うっ…。親しい間柄の相手とのやりとりだと、してしまうことがあるかも…。気をつけないと。では、逆に大久保さんに質問です。社用ケータイが非通知設定になっていると「知らない番号だから」と出てもらえないこともあるし、まわりから不評をかうことも。これはマナー的にいかがですか?

「マナー上問題はありません。でも、通知設定にしておく方がベターでしょう。昨今、非通知の番号に対して不信感を抱く人は多いもの。ビジネス的に不都合があるなら、会社に相談しましょう。ただし、個人のケータイからイレギュラーでビジネス電話をかける際、相手に自分の番号を知らせたくないなら、非通知でもOKです」

これは失礼にはあたらないんだ! 安心しました。では、もうひとつ質問です。ケータイに残したメッセージは、ビジネス的に有効なんでしょうか? たまに「聞いてない」とか言われて困ることもあるんですが…。

「相手が社用ケータイの場合は就業時間内しか持ち歩かない、という人もいるので、メッセージを入れたのが就業時間後で、急用ならば“伝わらない場合の対処法”も考えた配慮が必要でしょう。『メッセージを入れた』『聞いてない』などと言いあっても、水掛け論にしかなりません。ケータイの便利さに慣れてしまうと、相手への心遣いを忘れがち。マナーの根本にあるのは、相手への心遣いです。それを忘れなければ、大きくマナー違反をすることはないはずですよ」

なるほど、ケータイの便利さに甘えず、相手を気遣うことが大切なんですね。

プライベート以外のオフィシャルなシーンでも、必須アイテムになったケータイ。知らず知らずのうちに犯しがちなマナー違反に気を付けて、みんなで上手に使っていきましょう! 投稿募集はこちら 皆さんの投稿を募集中!
右下の投稿ボタンから投稿してください。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト