今度は「脂肪で肉体彫刻」だって?

30年で300の美容法を実践高須先生のスゴイ武勇伝

2010.07.01 THU



写真提供/高須クリニック
ツライ筋トレも食事制限もナシ。わずか1日で理想のボディラインを作り上げる! そんな耳を疑うような話を可能にするのが「ミケランジェロ」なる美容整形法。コロンビア生まれの最先端技術で、セレブに大人気(?)らしい…。この美容法、アジア初の体験者がご存じ「高須クリニック」の高須克弥院長。一体どんなことするのですか!? 

「簡単に言うと肉体彫刻だね。脂肪を取り去る脂肪吸引の逆で、いかに脂肪を美しく残し、必要な所に移動させるかというもの。例えば、お腹まわりの脂肪をすっきりさせて、取り除いた脂肪で厚い胸板を形づくることもできる。脂肪だからタポタポするけど、見た目は筋肉そのものなんだよ」

実は、院長はアジアでの脂肪吸引の第一人者。最新技術は自分の体で安全性を確認するのがモットーで、その数は約30年間で300を超えるとか。しかし、なぜ自ら…?

「料理人だって、ソースの味ひとつとっても自分で確かめてからお客に出すでしょ。医療だって一緒だよ。世界中の医師が“とっておき”の技術を持ち寄る学会に行って、取り入れたい美容法があればすぐ試すの」

ちなみに、全身麻酔が必要な手術でも、部分麻酔を使って自ら施術指揮をとるというから驚き。失敗は怖くないんですか?

「怖くないし、うまくいかなかった時こそ財産なのよ。その手術法の悪い点を追究できるじゃない。そこがおいしいの」

(絶句)。過去に、イギリスで日本人初のシワ取り注射「ボトックス」を額に打った院長は、イギリス人に最適な量では効果が出すぎ、目が垂れ下がってしまったとか。しかし、そのおかげで日本人に投薬する場合の適量を導き出せたというのです。

院長が美容の世界に入ったのは、「他人がやってなくて面白そうだから」。

「僕はね、その時代にあやしげなものが、次の時代には絶対来るって確信しているの」

これぞ高須流・成功法なのね。思い切って「あやしげなもの」にチャレンジするのもアリ…なのかもよ?
(井ノ口理代/ノオト)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト