もうメンドウな掃除はおまかせの時代!?

ロボット掃除機最前線!

2010.12.02 THU


自動掃除機 ルンバ537(アイロボット) 価格:6万9800円 ロボット掃除機の代名詞的存在。ゴミ除去率99.1%という驚異の清掃能力は、人工知能のかしこさと“かきだす”“かき込む”“吸いとる”の3つの動作を同時に行うという力強さのタマモノ。しかも、同じポイントを何度も走行し、目では発見できないようなゴミまで取ってくれるのはスゴイ。
見るほどに欲しくなるロボット掃除機。でも、どうやって選べばいいの? 家電&インテリアコーディネーターの戸井田園子さん、教えてください!
「各社特徴がありますので、フローリングやカーペットなど自宅に合った掃除が得意なものを選ぶのが第一ですね。イチオシはやはりルンバです。もともと地雷探査ロボットで培った技術があり、ホコリや段差の検知能力などがすごいんですよ」
なるほど。ほかに購入前のチェックポイントはありますか?
「吸う前のかき込みがけっこう清掃力を左右しますので、本体裏のブラシなどがあるかは見ておきたいです。また、家具を避けられるか、当たるなら傷つけない程度の速度かは重要ですね」
あとはお財布と相談して…。ボタンひとつでお掃除の夢、買っちゃいますか。

静 浩太(サグレス)=取材・文
text KOTA SHIZUKA

  • FALTIMA031 (ガイズ)

    FALTIMA031 (ガイズ)
    実勢売価:2万9800円

    3万円を切るお手ごろ価格ながら、シンプルで洗練されたデザイン性と、段差や壁、家具などを回避しながら掃除するかしこさを兼ね備えた本格派マシン。念入りな掃除と素早い掃除の2段階のスピード設定ができたり、タイマー指定や自動充電、フローリングの拭き上げ機能も備えるなど実力もかなりのもの。
  • モッピー(スリーアップ)

    モッピー(スリーアップ)
    価格:6800円

    モップでの拭き掃除に特化したシンプルタイプ。とにかく圧倒的な低価格ながら、部屋の中を縦横無尽に動き回り、フローリングをスイスイときれいにしてくれるのだ。ベッド下などにも入り込むわずか50mmの高さ、ワックスがけもできるなどなかなかの充実ぶり。専用モップは取り替え使用もOK!
  • ロボクリーナーSZ-350(ANABAS)

    ロボクリーナーSZ-350(ANABAS)
    価格:3万9800円

    分かりやすい日本語表記と簡単なリモコン操作、集塵ケースの水洗いOKなど使い勝手がバツグン。5種類の掃除パターンで、段差を回避しながら手の届きにくいベッドの下など隅々まで掃除してくれる高い掃除能力も魅力的。UV除菌機能付きで掃除と同時に除菌までしてくれるのは清潔好きにはうれしい機能。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト