夢の“世界一周”にチャレンジ

第37回 ドイツでウケるラーメンはひと味違う?

2011.02.10 THU

夢の“世界一周”にチャレンジ


音をたてずに麺をすするドイツ人のお客さん。それもそのはずで、音をたてて食べることは洋食マナーでは御法度とされていますからね。ストレート麺の「なにわ」が支持されているのも、音がたちにくいのが理由なのかもしれません

ドイツと日本で、ラーメンの好みが分かれる理由とは?



しょうゆ、とんこつ、味噌、塩など、日本人のあいだでも分かれるラーメンの好み。どれも日本ならではの味のように思えますが、外国人にはどう受け止められるのでしょうか?ドイツに人気のラーメン屋があるとの話を聞き、足を運んでみました。

ドイツ中西部の街デュッセルドルフには、日本人の駐在員が多いこともあって、人気ラーメン店が2店舗もありました。一つは日本人のあいだでの人気店、もう一つはドイツ人からの人気店だそうで、どちらも行列ができるほどの繁盛ぶり。一体、何が違うのでしょう?

まずは、日本人からの支持が高い、「匠(TAKUMI)」を訪問。店内の壁には、日本語表記のメニューが貼られており、日本のラーメン屋と何ら変わりはありません。スープの味は、塩・しょうゆ・味噌から選べ、餃子や唐揚げなど、サイドメニューも充実。人気メニューは「味噌ラーメン」で、麺は札幌市の「西山製麺」から取り寄せるほどのこだわりようです。コシのある中太チヂレ麺に、コクのあるスープが絡みついたその味は、「うまい!」のひと言。競争の激しい日本でも、十分に通用しそうな味です。

一方、ドイツ人からの支持が高いのが、「なにわ(NANIWA)」。店内は写真メニューを展示するなど、ドイツ人を意識したつくりです。中太ストレート麺で、スープは「匠」よりもさらに濃厚な印象。具がふんだんにのせられた「スタミナラーメン」や「ミニラーメン+豚キムチ+ビール」セットのように、トッピングやセットメニューにも、多様なバリエーションが用意されているんです。一体、どのあたりが、ドイツ人に受け入れられているポイントなのでしょうか?  「なにわ」の店員さんに話を伺ったところ、そもそも、ヌードル文化の根づいていないドイツ人にとって、ラーメンはスープの一種なんだそうです。あくまでも主体は麺ではなくスープであり、とにかく具が多いメニューがドイツ人に好まれるそう。こういった嗜好から、「なにわ」が支持されているそうです。

さらに、音をたてて麺をすする習慣のないドイツ人は、麺を勢いよく食べることができないため、食べているあいだに伸びてしまうんだとか。伸びた麺を残していくことも多いようです。ラーメンは麺が主体と考えている日本人とは、根本的に捉え方が違うんですね。

ちなみに、スーパーで売っているカップラーメンも、「スープ・スナック」と表記されていました。スープとして見るか、ヌードルとして見るかで評価が分かれるとは…僕のラーメン観を揺るがす新しい発見でした! 長谷川夫妻への応援メッセージや旅の裏ワザ、海外情報など、下記のボタンからご投稿ください。

夢の“世界一周”にチャレンジの記事一覧はこちら

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト