心温まる多重人格ホームコメディ!?

『ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ』が面白い!

2011.08.04 THU


スティーヴン・スピルバーグ×ディア・ブロ・コディ(『JUNO/ジュノ』)の強力タッグで贈る、異色ファミリーコメディ! 「LaLa TV」にて日本初独占放送中!(毎週土曜 23:00ほか) (c) 2011 SHOWTIME NETWORKS INC. AND DW STUDIOS, L.L.C. ALL RIGHTS RESERVED.
いよいよ夏休み! …だけどとくに予定もなく、今から持てあましそうな気がしている人も多いのでは? そんなアナタにオススメしたいのが、スカパー!や全国のケーブルテレビで楽しめる「LaLa TV」で、日本初上陸した海外ドラマ『ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ』である。

24時間以内に事件を解決したり、要塞のような刑務所を脱獄したりと、これまでヒットしてきた海外ドラマは日常離れしたストーリーが多かったけど、これは主婦を主人公にしたホームドラマ。だが、そこに“多重人格”という要素を加えることで、単純な家族ドラマとは一線を画す異色作となっている。

カンザス州の住宅街に暮らす平凡な主婦のタラは、自分のほかに3人もの人格があることを悩んでいた。感情の高ぶりをキッカケに、ぶっとんだパーティガールの“T”、厳格な妻の“アリス”、そして中年のベトナム帰還兵である“バック”に変貌してしまうのだ。突飛な話に聞こえそうだが、優しい家族に見守られ、病気と闘う姿をユーモアに包んで描いた作品だ。

ちなみにタラを演じるのは映画『シックスセンス』で主人公のお母さん役を演じたトニ・コレット。「カメレオン女優」と評される今作の演技が認められ、2009年にエミー賞、翌年にはゴールデングローブ賞を受賞している。本作は、米国では高い評価を得ており、作品自体もエミー賞を受賞したほか、すでにシーズン3までの制作が決定。

また、日本でもテレビ朝日系列『お願い!ランキング』で“この夏おすすめの面白い海外ドラマランキング”で1位を獲得するなど、注目度はバツグン。何より、製作総指揮があのスティーヴン・スピルバーグで、解離性同一性障害という難しいテーマを選んだのもスピルバーグ本人だと聞けば、面白さも折り紙付きといえる。また書店ではこのタラを中心にした海外ドラマ4タイトルが掲載されたMOOK本まで発売されており、ブームを予感させる。

海外、ことにアメリカンドラマの醍醐味のひとつは、きわどい題材を独自の切り口で見せてくれることだ。なかでも本作は、社会性とコメディという二律背反する要素を両立させつつ、家族の絆というハートフルな側面をも加味した良作だ。一筋縄ではいかないシニカルなヒューマンドラマながら、どこか共感できたり気づかされることがある本作は、この夏、見逃せない一作であることは間違いない!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト