IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC」に行ってきました。

日本初の「スマホ向け放送局」を発見!!

2011.10.13 THU


ファッションイベント『KOBE COLLECTION』とのコラボで行われたこのファッションショー。人気モデルの道端アンジェリカが登場すると、会場の女子たちのツィートもヒートアップ。スマホの画面上では「カワイイ!」「このワンピース欲しいね」など、おしゃべりのようなコミュニケーションが展開されていました。
ケータイ、デジタルテレビ、パソコン…などなど、進化を続けるITシーンのこれからを先取りすべく、行ってきました! アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2011」へ!! 広~い会場(幕張メッセ)内には、なんと2200以上のブースが。なかでも気になるのは、これからの進化から特に目が離せない「スマートフォン」関連のブースだよな…と見回してみたところ、なにやら人が集まるにぎやかなスタジオを発見!

たくさんのカメラと照明に囲まれたスタジオ、そしてアナウンサーが番組を進行中。これはいわゆる「公開収録」ってやつですね。ところで、ここは一体どこのブース? とスタジオの上を見上げてみると「NOTTV(ノッティーヴィー)」なるロゴが(ページ下のロゴです)。なんと「日本初のスマートフォン向け放送局」なのだそうです。

これは気になるぞ…と、早速もらった資料をチェック。「見るだけのテレビじゃない」「時間や場所に縛られるテレビじゃない」「手間のかかるテレビじゃない」…なるほど、これまでのテレビにできなかったことができる、テレビを超えたテレビになる。だから「NOT」+「TV」=「NOTTV」ってわけか。アナログテレビ放送終了後の周波数帯を活用した放送局で、2012年の4月に開局するとのこと。

そしてスタジオのステージ上では、豪華なファッションショーがスタート! すると、ステージ上に置かれた巨大なスマホの画面には、そのライブ映像とともに、アイテムのブランド名や観客のリアルタイムのツィートが。番組を観ながら、その同じ画面上でコミュニケーションもできちゃう。ん~、これはありそうでなかったライブ感です!

今回の放送は「NOTTV」の放送サービスを体感してもらうためのデモ番組(にしては本格的でした!)。ブース内にあるスマホでも視聴することができたのですが、まず驚いたのはその画質。ワンセグのおよそ10倍! とのことで、とにかく鮮明でした。動きのあるスポーツ中継もかなり観やすかったですよ。そしてその画面内にTwitterなどのSNSを立ち上げて、同じ番組を観ている仲間とのコミュニケーションも可能。熱い感動をリアイルタイムで共有できれば、たとえ離れていても友情(&愛情)が深まること間違いなしです!

ほかにも、リアルタイム視聴だけでなく、観たい番組やコンテンツを端末内に蓄積しておいて、観たい時に視聴できるシフトタイム視聴も可能。これなら「観たい!」と思った場所の電波状況などに左右されず、自由に楽しむことができるはず。さらに、新聞、雑誌、書籍、ゲーム、アプリなど、かなり幅広い放送コンテンツが楽しめるようになるとのこと。

このまったく新しい放送局、スマホユーザーならずとも今から要チェックですよ!

  • こちらが「NOTTV」のロゴ。ちなみに真ん中にいるちょいゆるめのキャラは「notty(ノッティー)」。プロフィールによると「よくわからないが、モンスター。習性はたくらみ」とのこと。今後、このキャラから目が離せませんよ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト