スターバックス「Discoveries」20作目の新商品が発売!

「プレミアムブレイク」のためのコーヒーが登場

2012.02.02 THU


パッケージデザインにもこだわりが。「デザインはシアトルのチームが行っています。中身同様、何度も試作を重ね、味のイメージや飲まれる方のシーンにぴったりのものが完成しました」(中谷さん)とのこと。こんなディテールにも、やっぱり「本気」のスターバックスでした。
「ふぅ、ひと休みするか」と、ちょっとブレイク。…これって、仕事の合間にほどよいリラックスと、その後のやる気をもたらしてくれる大事なひとときですよね。そんなボクらのブレイクタイムをより充実させてくれる新アイテムをご紹介。コンビニで買えるスターバックスの「Discoveries(ディスカバリーズ)」シリーズに新たに登場した「エスプレッソチョコレートトリュフ」だ。
そこには様々な「本気のこだわり」が詰め込まれている。

スターバックスのおいしさをより多くの人に体験して欲しいと、鮮度・クオリティにこだわって開発された「Discoveries」シリーズ。2005年に1都3県で発売され、今では日本全国をはじめ、韓国や、ドイツ・イギリスなどのヨーロッパでも展開されているヒットシリーズなのだ。そんな同シリーズの20作目として新発売されたのが、この「エスプレッソチョコレートトリュフ」。そのおいしさへのこだわりとは? スターバックスの開発ご担当・中谷謙太郎さんに聞いてみた。

「開発にはかなりの手間と時間をかけています。シアトルの本社には、スターバックスのコーヒーに対する深い理解と知識を持った開発チームが結成されており、彼らに日本の市場とお客様のトレンドを伝えながら、ともに商品コンセプトや味わいの定義付けを固めていきます。そこからは試作と試飲の繰り返しです」

常に「スターバックスらしさ」にこだわり、新商品の開発の際は日本とシアトル本社とで100回以上の試作品のテイスティングが行われることもあるという。そして、なんとこの作業はチーム全員が納得いくまで続けられるのだとか。ん~、これは本気です。となると、やはり新しい「エスプレッソチョコレートトリュフ」にも、多くのこだわりポイントがあるのですか?

「2008年にスターバックスの店舗で限定発売された『エスプレッソチョコレートトリュフ』にインスパイアされて開発したのがこの商品です。これまでの『Discoveries』シリーズ同様、店舗と同じコーヒー豆『エスプレッソ ロースト』を使っています。さらに今回は、この豆の風味をしっかりと引き立ててくれる、相性がぴったりのチョコレートをセレクトしました。濃厚で深い味わいが魅力の、大人のブレイクにぴったりの商品に仕上がっています」

なるほど、素材へのこだわりも本気のようです。ちなみに、今回はどんなテイストを目指して開発されたのでしょうか?

「最初のひと口で、エスプレッソとチョコの香りと味がしっかり、ふわっと広がるように。そして『コーヒーのほどよい苦み』→『濃厚なチョコの本格的な味わいと滑らかな舌触り』→『再びコーヒーとカカオの苦みがほどよく残る』というテイストを目指し、完成させました。シリーズの中でも味の追求に時間をかけた自信作です!」

ん~、そんな「本気のこだわり」の数々は、やっぱり飲んで感じないと分からない! 今日の「本気ブレイク」の際に、近くのコンビニでチェックしてみては?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト