気になる“あのコ”のシゴトーク/72

竹富聖花「新しい仕事は新しい生活」

2012.04.26 THU


撮影:堀 清英
この春、BS朝日で始まるドラマ『悪夢のドライブ』で、小澤亮太演じる主人公・猫多信男の妹を演じるのが、竹富聖花ちゃんだ。“運び屋”の仕事を描いた本作について公に話をするのは、この取材が最初。撮影前のインタビューである。

「顔合わせは済んでリハーサルには入ってるんですが、かなり面白そうです。たとえばお兄ちゃんが多重人格なのにコミカルな雰囲気だったり、“裏世界”のお話なんですが友情モノだったり、いろんな面があっていろんな見方ができる作品だと思います」

笑いあり涙ありの作品にして、ひとクセもふたクセもあるらしい。たとえば聖花ちゃん演じる、猫多 桜についてもそう。

「お父さんが借金を作って死んだことを背負って生きていて、一見普通の女子高生なんですが、中身はすごく冷めているというか、大人を小馬鹿にしているような子なんです。私とは正反対です!」

正反対の方が、演じるのが楽しいのだという。「大変ではありますが、勉強になるんです」。

「たとえば自分と近いキャラクターだと自分が出てしまうようで、不安になるんです。自分と遠いと、開き直って演じられるし、幅が広がるというか。ちょうどクランクインを控えていて、緊張もありますが楽しみの方が大きいで。新しい作品に入るってことは、新しい生活が待っているってことなんです」

デビューして約2年。いろいろ見えてきて、仕事が楽しくなっている時期のようだ。

「以前は自分のセリフを中心に台本を読んでいたんですが、今は全体の流れを見渡しながら読むようになりました。最初の頃、現場では緊張してあまり話せなかったんですが、今ではいろんな人と会話できるようになりましたし、普段の会話からいい刺激を受けることも多くなりました。もっとたくさんの事を吸収し、いろんな役をやりたいなと思っています」

自分でも成長を実感し、大人へ着実にステップアップしている聖花ちゃんだが、その目標はとてもかわいらしいものだ。


「すっごく仲のいい沢井美空ちゃんという歌手の子がいるんです。いつか、その子が主題歌を歌い、私が主演のドラマを一緒に作ることが、一番の目標です!」
(吉州正行)

  • 竹富聖花

    1995年愛知県生まれ。ファースト写真集『聖花~a message from OWL』発売中。ちなみに今ハマっているのは「インドカレーで、よく食べに行きますね。ナンを焼くところとか見入っちゃいます。あとはトランペットですね。もともと小学生のときにマーチングバンドでやってて、最近また吹きたくなってお父さんに買ってもらいました(笑)」
  • ドラマ『悪夢のドライブ』

    小澤亮太単独初主演ドラマ。“運び屋”の仕事を痛快に描くエッジの効いた作品だ。「お父さんの仇を取るという大筋があって、そこで仲間同士でケンカしたりいろいろ事件も起こるんですが、その中の人間関係が面白いですよ」と聖花ちゃん。BS朝日で土曜日深夜1:30より放送中

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト