は虫類、猛禽類に癒される?

鷹、は虫類…変わり種ペットカフェ

2012.05.17 THU


かわいい動物に囲まれてお茶が楽しめる“ペットカフェ”。ドッグカフェや猫カフェが話題となったのも記憶に新しいが、最近はちょっと珍しい動物がいるカフェが増えているとか。ということで、早速変わり種のペットカフェに行ってみることに。

まず伺ったのは“は虫類カフェ”の「横浜亜熱帯茶館」。は虫類なんて、ちょっと怖い…。恐る恐る店内に入ると、カメやトカゲ、ヘビなど、ガラスのケージに入れられた17種50匹のは虫類がズラリ!

「6年前にギリシャリクガメを飼い始めてからは虫類の虜に。好きなものに囲まれて働きたいという思いから、このお店を始めました」とは、店長の長野睦さん。

たくさんの動物がいるのに店内は静か。ケージに近付いてもは虫類はおとなしく、スヤスヤと眠ってる…。意外とかわいいかも!

「は虫類は、のんびりしている生き物です。このコたちを眺めながら、ゆったりとした時間を過ごしてもらいたいですね」(長野さん)

そして、次に訪れたのが「鷹匠茶屋」。名前の通りタカ、フクロウなどの“猛禽類”がいるお店だ。

お茶できるカフェスペースの隣には鳥たちがいる“猛禽部屋”が。その中に入ると、鋭いクチバシを持った鳥たちが背筋を伸ばしてとまっていて、かなりの迫力…。

店長の佐々木薫さんは、タカを自由に操れる“鷹匠”歴40年。同じ鷹匠仲間が集まれる場所としてカフェを開いたそう。

「猛禽類に詳しくないお客さんもたくさん来てくれて、休日は客席が10回転するほどですね。『カッコイイ!』『瞳がかわいい』と鳥を見るお客さんの反応は様々です」

取材中も、突如腕にタカを乗せた男性(本物の鷹匠の方でした)が来店!! 佐々木さんは「うちでは普通のことですよ」と笑っていたけど、正直ビビりました…。

他にも、うさぎや鳥、金魚など、珍しい動物と触れ合えるペットカフェが急増中! 意外と犬や猫よりも癒やされる…かも?
(オカモト犬助/short cut)


  • 「横浜亜熱帯茶館」

    色や形が特徴的なは虫類たちを眺めながら、お店自慢の本格的な中国茶を楽しめる。一番人気のリクガメは実際に触ることも!
    神奈川県横浜市中区長者町8-133冨森商事2F
    045-263-4015
  • 「鷹匠茶屋」

    “猛禽部屋”へ入れば間近で鳥たちを観察できる。フラッシュなしであれば写真撮影もOK。「イーグルジンジャー」(ポーク生姜焼き)など鳥の名前にちなんだカフェメニューも人気
    東京都三鷹市下連雀1-11-8
    0422-57-7762
  • 「とりみカフェ ぽこの森」

    インコや文鳥など色とりどりの鳥たち36羽がガラスケースの中で飼われている。マグネットや缶バッジなど珍しい鳥グッズも購入可能
    兵庫県神戸市灘区城内通3-2-14スパイスビル1F
    078-805-6700
  • 「うさぎカフェ おひさま」

    約40羽のうさぎスタッフがいるカフェ。うさぎと触れ合える専用スペースでは、うさぎにエサをあげることも。うさぎの販売も行っている
    東京都世田谷区北沢2-18-5 2F
    03-3410-5299
  • 「金魚坂喫茶」

    江戸時代から続く金魚の卸売り店が営むカフェ。カフェに金魚の釣り堀が併設されており、本格的な“金魚釣り”が楽しめる
    東京都文京区本郷5-3-15
    03-3815-7088

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト