気になる“あのコ”のシゴトーク/85

時東ぁみ「良いスタートを!」

2012.07.26 THU


撮影:堀清英
元祖メガネっ娘アイドルとして人気を誇る時東ぁみちゃんが、このたび「トーキングブンブン」というアーティスト名義でデビューした。トーキングブンブンとは時東ぁみちゃんの二つ名で、「別人格」や「別の人」ではない。すなわち“潔い”設定なのだ!

「プロデューサーのtatsuoさんが突然思いついて持ってきた名前なんですね。その前にあったアイデアだと、いかにも“アイドルのユニット名”でダサくて。私の性格や、衣装とか楽曲の打ち合わせで話している内容だったり雰囲気にインスピレーションを受け、ピンと来たんじゃないかと思います」

つまり「ブンブンとトーキングしていたから…」という直感的な印象で名付けられたのだ。ロックでポップな女の子の味方。その世界観はデビューシングル『バイバイと手を振る私には涙の跡』でしっかり表れている。

「作り手がロックの人ばかりなので、こういう感じになったんです。ただ“時東ぁみ”としてやってきたこれまでがあるので、ファンの皆さんとしても『こういう曲』というイメージがあったと思うんです。だから名前を変えてやるからには、いっそ思い切って新しいものを出したいし、成長した姿を見せたいですね」

ぁみちゃん、プライベートでもライブに行きまくるほど音楽好きだとか。自分が好きなジャンルを表現できる立場になれたことが、すごくうれしいという。

「私はどうやら“S”らしくて、トーキングブンブンとしての活動の方が、素の性格により近いんですよね。だからすごくやりやすいんです。ただ今はまだ事務所を移籍して1年なので、『こういう結果を残したい』というより『良いスタートを切りたい』という気持ちが強くありますね」

今年の夏のご予定を聞いたところ、「トーキングブンブン一色です!」と元気よく答えてくれたぁみちゃんだが、一方で“S”らしく、プライベートはしっかり攻めの姿勢らしい。

「仕事が一番忙しくなる季節だとは思いますけど、寝る間も惜しんで遊ぼうと思っているんですよ。現場が始まるギリギリまで海に行ってたりするタイプなので(笑)、家にこもってることはまずないですね!」
(吉州正行)

  • 時東ぁみ

    1987年東京都生まれ。2005年にデビューし、メガネっ娘アイドルとしての地位を不動のものとする。ちなみに近況は「最近、Macを買いました。あまり詳しくなくて、前のパソコンが古くなってたまたま買い換えたのがそれだったんです。これから勉強します!」。今後の予定は、8月4、5日にTOKYO IDOLFESTIVAL 2012のほか、8月5日にはダイバーシティ フェスティバル広場でインストアイベント開催予定
  • 『バイバイと手を振る私には涙の跡』

    トーキングブンブンとしての第1弾シングル! ロックでポップでかわいらしい、この夏にピッタリの1曲。「これまでの私を知っている人には、『新しいもの』として聴いてほしいですね。アレンジからファッションにいたるまで、かなり“自分で”決めているんです」とぁみちゃん。通常盤1050円、初回限定盤1700円で発売中

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト