女の子がモテ服を選んでくれる!?

「ファッション代行サイト」の魅力とは?

2012.09.26 WED


「bemool」に所属する専属の女性スタイリストたちが選んだ女子ウケ抜群の服で、普段よりオシャレになれるかも!?
洋服を買いに行っても、どれが自分に似合うのかわからなくて困った経験はありませんか? ましてや、ネット通販などで試着せずに購入するのは、服のセンスに自信がない人にとってかなり勇気がいるもの。そんな声を受け、プロのスタイリストが自分の代わりに選んでくれた洋服を購入できる男性向けのウェブサービスが近年増えているようだ。

例えば、「パーソナルスタイリスト」と面談するだけでその人に適したコーディネートを提案してくれるサービスで、2500人の顧客から信頼を集めている「ライフブランディング」や、身長や体重、好きな色や柄など必要項目を明記するだけで、元有名ショップ店長やスタイリストが服を選んでくれるファッション代行サイト「ルックアップ」などが挙げられる。

そのなかでも、とりわけ話題を集めているのが、“男の子の勝負服は、女の子が選ぶべきだと思う”をコンセプトに今年7月のオープンした「bemool」。100名限定でスタートしたが、わずか1週間で予約が埋まるほどの人気を博したのだとか。サービス内容は、具体的にどうなっているのだろう?

「担当スタイリスト1名が、ユーザーの指定した予算内(3万~50万円・手数料一律5000円)で、希望に合う服を選びます。身長・体重・スリーサイズや服のサイズをHPで入力して注文してもらえれば、2~3週間程度で商品をお届けします」

そう教えてくれたのは、「bemool」を運営するGreen romp代表の野田貴大さん。「bemool」ならではのサービスってどんなところでしょう?

「読者モデル、アパレル店員経験者、服飾関係の学生など、ファッションセンスに優れた女性スタイリストだけが在籍しているところです。100%要望通りというわけではありませんが、担当スタイリストの希望を出していただけますし、女性目線でかっこいいと思う洋服のコーディネートをお届けできるところがメリットだと思いますね。購入後、彼女や奥さんからの反響をうれしそうにメールしてくれるユーザーも多いんです。女性ウケのいいモテ服を提供できていると、自負しています」

なるほど。女性が選ぶからこそ、女性に好感を持ってもらいやすいコーディネートに仕上がるというわけか。ファッションセンスにあまり自信がない人は、「ファッション代行サイト」を利用してみると、新たな自分に出会えるかもしれない!?
(冨手公嘉/verb)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト