リーボック、リーバイスも対応

「カスタマイズサービス」人気

2012.10.18 THU


上/「+STYLE」のカスタマイズトートバッグ 下/「Your Reebok」で作ったオリジナルスニーカー。色数は抑えるのがオシャレにまとめるコツ
このところ、ファッションアイテムを自分好みにカスタマイズできるオンラインサービスが続々と登場している。まず、アディダスグループのスニーカー・リーボックが手掛ける「Your Reebok」。「インスタ ポンプ フューリー」や「イージートーン」といった人気10モデルをベースに、アッパー、ライニング、アウトソールなどの各パーツに好みの素材とカラーを組み合わせ、オリジナルの一足が作れる。

「サービス開始から1カ月経ちますが、予想をはるかに超える反響です。イージートーンなどの場合、既製品はカラフルなものが多いため、あえて白一色にするなどシンプルな組み合わせが人気ですね」(アディダスジャパン・南佳美さん)

また、セレクトバッグブランド「+STYLE」(エース)もオンラインカスタマイズサービスを展開。こちらは、ブラウン、ネイビー、カーキなど7色4サイズのトートバッグ本体に25種類のレザーハンドルを組み合わせることができる。

一方、実店舗で店員のアドバイスを受けながらカスタマイズが楽しめるサービスも。9月28日にオープンした「リーバイスRストア新宿店」は、3階に「テーラーショップ」を常設。ジーンズにオリジナルワッペンや刺繍をあしらうなどのカスタマイズができる国内唯一のサービスを導入した。

消費者としては魅力的だが、企業にとっては手間とコストがかかるこれらのサービス。隆盛を極めるファストファッションとは対極だが、その狙いはどこにあるのか?

「自分だけのオリジナルアイテムには愛着が湧き、ブランドを身近に感じてもらうことができます。また、カスタマイズデータが蓄積されればお客様の好むデザインの傾向も分かります。新たな商品開発にも反映できて一石二鳥です」(南さん)

さらに、作ったアイテムをSNSで披露し合うなど、ユーザー同士の交流も生まれているという。新たなファッショントレンドとして定着する日も近い?
(榎並紀行)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト