ネット界の“旬”なニュースをお届け!

芸能プロYouTubeに独自番組

2012.12.03 MON

噂のネット事件簿


ホリプロが開設した新たな公式チャンネル『Den of Horror ホラーの巣窟』。オリジナルのホラードラマやホリプロ所属俳優による怪談の朗読などを配信する ※この画像はサイトのスクリーンショットです
YouTubeは11月27日、テレビ局や芸能プロダクション、映像ソフト制作会社など13のコンテンツパートナーが、新たにYouTube上に公式チャンネルを開設し、YouTubeオリジナルの番組を配信すると発表した。

YouTubeの日本版公式ブログによると、今回開設された公式チャンネルでは、「何れも YouTube でしか視聴できない『オリジナル動画』を公開中、または今後公開する予定です」とのこと。これまでも、テレビ局のYouTube公式チャンネルで様々な動画が配信されていたが、より独自性の高いコンテンツが配信されることとなりそうだ。

すでに、『女子アナの罰』(TBS)、『COOLTV』(フジテレビ)、『鉄道専門チャンネルビコムステーション』(ビコム)、『Den of Horror ホラーの巣窟』(ホリプロ)などのチャンネルが公開。今後は、テレビ朝日や、サンミュージック、アップフロントワークスといった、テレビ局や芸能プロダクションがチャンネルを開設する予定だ。

ちなみに、アップフロントワークスのチャンネルでは、「アップフロントグループ所属の様々なアーティストが出演する、歌を中心とした番組やハロー!プロジェクトメンバー出演のバラエティ番組」を配信するという。2ちゃんねるのハロプロ関連専門板であるモーニング娘。(狼)板の「アップフロントがYouTubeでハロプロの歌番組やバラエティ番組をはじめる件」というスレッドを見てみると、

「いいな
これは嬉しい」
「海外ヲタ喜びそうだ」
「ネット最高や
テレビなんて最初からいらんかったんや」
「月に何本もやるなら有料でもいいわ」

と、ネット上のハロプロファンからは、かなりの好感触。テレビでは見られないオリジナルコンテンツに触れられる場として、YouTubeのへの期待が高まりそうだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト