OFFで役立つグッズ!

手の動きを見ながらピアノを練習

2012.12.19 WED


サイズは約W336×H65×D228mm、重量は約1.1kg。iPad、iPhoneのほか、iPod touchも使用できる。iOS Core MIDI対応で、他のCore MIDI対応アプリでも動作可能
狙っている女の子を誘った小洒落たバー。片隅には1台の古びたピアノ。それに気がついたあなたは、鍵盤を2~3度叩いたあとに、おもむろにショパンのノクターンなんぞを弾き始める。そんなコント、もとい、ドラマのようなシチュエーションが実際にあるかどうかは別にして、楽器のひとつくらい弾けると格好いいなと思いませんか。

『PIANO APPRENTICE(ピアノ・アプレンティス)』は、iPadやiPhoneで、簡単にピアノの練習ができるアイテムです。

LEDを内蔵した専用の25鍵ミニキーボードとiPad、iPhoneをDockコネクタで接続。無料アプリ「Piano Apprentice」を立ち上げると、iPad、iPhoneの画面に表示されたピアノ・インストラクタ「スコット・ヒューストン(別名:ピアノ・ガイ)」が、曲中で押さえるべき鍵盤を示してくれるんです。

「Piano Apprentice」は、3つの画面に切り替えることができます。ひとつは、(ピアノ・ガイの)手が映って、鍵盤を叩いている画面。その手の動きに合わせて、ミニキーボードの鍵盤も、叩く場所が光る仕組みです。ふたつめは楽譜、メロディに合わせて音符が黄色く表示される画面。そして、みっつめの鍵盤画面、こちらは手が映っておらず、叩く鍵盤に色だけがついています。

さて、肝心のミニキーボードの使い勝手ですが、タッチの強弱にも対応した本格派、強く叩けば力強い音を、柔らかくタッチすれば、優しい音を奏でます。また、右手と左手、別々に練習ができ、テンポも弾きやすい速度に調整可能。練習しやすい工夫がされています。ステレオスピーカーから流れてくる音色もとてもリアルで、なかなかのもの。

電源は別売りのACアダプタか単3 電池4本。電池を使えばコードレスなので、使う場所を選びません。年末のホームパーティーに持っていっても、盛り上がるかもしれませんよ。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト