「着る毛布」「履ける湯たんぽ」etc.

“冷え性男子”の処方箋グッズ

2013.01.17 THU


A.グルーニー(ベガコーポレーション 3980円) B.やわらか湯たんぽ 肩用タイプ小(4800円) C.足用ショートタイプ(1万4700円)
冷え性が女性特有の症状といわれていたのは過去の話。25歳から39歳の男性103人にアンケートを実施したところ、約8割にあたる77人が、冷えを感じる部位があると回答。特に「足先」(59人)、「手」(39人)、「足」(19人)を挙げる方が多くいました(複数回答)。

では、どうすれば冷えを予防・改善できるのでしょう? 取材をすると出てくるのが「運動して筋肉を増やせば、血行が良くなって体が冷えなくなる」的なお話。ごもっともですが、僕らが知りたいのは「今ここにある冷え」対策。というわけで、冷え性男子のお困りシーン別に、手っとり早く温まるための優れモノを探してきました。

まず、先のアンケートで冷えを感じるシーンの1位に挙がった「朝、洗面所で身支度をしている時」(50人)。そこでお薦めしたいのが狭い場所でも設置できる薄型マイカパネルヒーター HMP900‐J(デロンギ)。電源を入れるとすぐにパネル全体が発熱して空気が暖まるので時間のない朝にぴったり。

2位の「自宅の居間で寛いでいる時」(15人)は、マイクロファイバーの毛布でできたガウン、通称「着る毛布」はいかが? より強力な保温性を誇るフード付きの着て歩ける寝袋「ヒューマノイドスリーピングバッグ」(ドッペルギャンガー)も。

3位の「布団の中で寝ている時」(12人)のイチオシは「電気掛敷毛布 NA‐013K」(なかぎし)。縦188cmと全身をカバーできるうえ、足元は強め胸元はソフトに温める“頭寒足熱”配線が秀逸です。

このほか、会社や自宅のデスクで冷えを感じる人には、ウェットスーツ素材でできた湯たんぽ「クロッツ やわらか湯たんぽ」(ヘルメット潜水)が大活躍。U字型の首用や、靴のように履ける足用など、部位に合わせて15種以上の中から選べます。ただし手袋タイプではキーが打てないので、USBにつなぐと温まる、指先のない手袋「USB手袋」(サンコー)がお薦め。ぜひ、お試しください。
(熊山 准)


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト