ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ネットで絶賛 伊勢谷友介は完璧?

2013.01.16 WED

噂のネット事件簿


2012年のクリスマスに投稿されたツイート。伊勢谷はツイッターで、“尻フェチ”であることを明かしている。ユーモアも達者か!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
顔が良くて、身長も高くて、頭も良い。おまけに、センスも良くて運動神経も抜群。そんな“完璧”な男性などいるわけはないと思いそうなところだが、ネット上でその候補として名前が挙がっている人物がいる。俳優の伊勢谷友介だ。

昨今、テレビドラマ・映画・CMなどに幅広い役柄で出演し人気を博している伊勢谷。その経歴は、異色だ。

教育熱心な母親のもと、母子家庭で育った伊勢谷は、幼少期から絵が得意だった。その才能から、東京都の私立高校を経て東京芸術大学に現役合格。1浪どころか、2浪3浪で入学する学生が多い同大学に現役で受かったとあり、そのセンスは飛び抜けていたということだろう。

学生時代は、運動神経の良さを生かして水泳のインストラクターを経験。そして4年生の時にはニューヨーク大学に短期留学し、もともと熱心に勉強していた英語力を磨いた。伊勢谷の英語力は、演技で使用した際に高く評価されたほか、その堪能さから英会話スクール「COCO塾」のCMに出演。CMの中では流暢な英語を披露している。

また、180センチと長身の伊勢谷は、大学在学中にモデルとして芸能界でのキャリアをスタートさせた。ミラノコレクションに出演するなどの活躍をした後、俳優としての活動も開始。10年以上の月日を経て、大河ドラマや大作映画に次々出演するスター俳優となった。

このようなキャリアを持つ伊勢谷を、ネットユーザーたちが“完璧ではないか”と評しているのである。その声は、2ちゃんねる・ニュー速VIP板に立てられたスレッド「伊勢谷友介完璧すぎワロタwwww」に多く書き込まれた。以下に、主な声を抜粋する。

「神様何物授けてんだよwww」
「実はデザイナーもやってたりする」
「すげぇ…ルックスだけじゃないんだな さらに憧れるわ」
「伊勢谷、爽やかイケメンだよねえ 顔が良い男は基本的に嫌いだけど伊勢谷は好感もてる」
「俺が唯一敗北を認めた男」

このように、諸手を挙げて伊勢谷を称賛する声が多く見られた。

また、「しかも社会問題を解決するための会社立ち上げてたりする かっこよすぎ」という声も見られる。これは、2009年に伊勢谷が中心となって設立した会社「リバースプロジェクト」のことを指しているコメントだ。

伊勢谷は同社で、社会問題の解決に取り組むほか、「元気玉プロジェクト」という名で東日本大震災の復興支援も行っている。原発事故によって中止となっていた福島県相馬郡飯舘村の子どもたちの卒園式・卒業式を自ら出席して開催するなど、積極的に同社での活動に取り組んでいる。

“俳優”という枠におさまらず、さまざまな活動を展開している伊勢谷。2012年には、映画『セイジ―陸の魚-』で監督・脚本を務め、第24回東京国際映画祭の特別招待作品となるなど、その才能はとどまることを知らない。まさに、ネット住民たちが称賛する“完璧”な男性と言えるかもしれない!?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト