ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ブラックサンダーの自虐広告が話題

2013.02.07 THU

噂のネット事件簿


ツイッターのほかに、ブログも時々更新する渋江。出演作品等にはまったく触れず、自らが撮影した“面白写真”を掲載するというスタイルをとっている。今回のツイートが拡散されたのも、日頃のそうした活動の成果か!? ※この画像はサイトのスクリーンショットです
コンビニのレジ横などによく置かれ、ロンドンオリンピック体操個人総合の金メダリスト・内村航平選手の大好物としても知られる有楽製菓の人気チョコレート菓子「ブラックサンダー」。その“バレンタインデー”用の広告が話題になっている。

話題となったきっかけは、『仮面ライダー』シリーズや連続テレビ小説『梅ちゃん先生』など、数々のドラマに出演経験がある俳優・渋江譲二(29歳)が2月4日にツイッター上に投稿した写真だ。

「ブラックサンダーのバレンタイン用の広告が上手すぎる」という文面とともに投稿されたこの写真には、大きく「一目で義理とわかるチョコ」というコピーが書かれたブラックサンダーの駅ナカ看板広告が写されている。

30円という値段、コンビニで売っているという買いやすさなど、ブラックサンダーには、もしバレンタインデーに女性から渡されたら、「あ、義理チョコだな」と思わせる要素が詰まっているのは確かだろう。消費者が持つ深層心理をうまく突いた強いコピーが共感され、このツイートは渋江のファンのみならず広く拡散された。

リツイート数は、2月5日20時時点で3万3000回を超えており、4日深夜から5日朝にかけては、ツイッター上で話題のワードや画像などをリアルタイムで知らせるランキングサイト“ついっぷるトレンド”の画像ランキングで1位をキープし続けた。

また、2ちゃんねるのニュー速VIP板にもこの写真に着目した「ブラックサンダーのバレンタイン広告wwwwwwwwwwwwwww」というスレッドが登場。

「ブラックジョークだな」
「潔いと言うか
清々しいというべきか…」
「もうこれ見たらギリはブラックサンダーあげれば面白いみたいなノリになれてせけぇなw」
「すごいセンスだね、このキャッチコピー考えたの天才だわ。これ駅で見たらにやっとするな」
(すべて原文ママ)

など、コピーに対する称賛の声が複数書き込まれている。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト