働く女性200人がベスト5を選出!

彼氏に読ませたい少女漫画1位は?

2014.02.10 MON


「彼氏に読ませたい少女漫画」第1位に輝いた『のだめカンタービレ』。ドラマや映画など、様々な形でメディアに登場した名作だ
2013年のベストセラー作品となった『陽だまりの彼女』(越谷オサム/新潮社)は、「彼氏に読んで欲しい恋愛小説」と銘打たれて、読者の男女を問わず、大ヒットを記録した。男性もいつまでもドンパチを繰り広げる少年漫画ばかりを読んでいないで、女性の気持ちがわかる作品に手を伸ばす時期がきたのかも?

そこで、少女漫画をよく読む23歳~34歳の働く女性200人にアンケート調査を実施。大人の女性心理を理解してもらうため、「彼氏に読ませたい!」と思う作品を選んでもらった。(協力:アイリサーチ、期間:2014年1月14日~15日)

■第1位 「イケメン」と「野獣女」の音楽コメディ
『のだめカンタービレ』(二ノ宮知子/講談社)

■第2位 グータラ干物女の仕事と恋
『ホタルノヒカリ』(ひうらさとる/講談社)

■第3位 切ない恋の青春群像劇
『ハチミツとクローバー』(羽海野チカ/集英社)

■第4位 失恋から始まるラブストーリー
『失恋ショコラティエ』(水城せとな/小学館)

■第5位 三十路女の初恋物語
『きょうは会社休みます。』(藤村真理/集英社)

第1位の『のだめカンタービレ』は、イケメンエリート音大生・千秋真一と、ゴミ屋敷のような部屋で美しいピアノソナタを演奏する“のだめ”こと野田恵の物語。完璧主義の千秋は、野生児・のだめを邪険に扱いつつも、その才能を認め、お互いにパートナーとして成長していく。

【投票者の声】 恋愛面だけではなく人間として成長できる内容。“のだめ”側から読むと、「こういう事を言われると女は嬉しいし元気になる」という部分が多く、共感できる。(31歳)

第2位の『ホタルノヒカリ』に登場するのは、20代半ばにして「恋愛するより家で寝ていたい」とグータラ過ごすOL・雨宮蛍。そんな干物女である彼女が、デキる上司・高野誠一と同居することになり…。

【投票者の声】働く女性でありながら、大人にはなりきれない女性心理がよく描かれている。(34歳)

第3位の『ハチミツとクローバー』は、甘酸っぱい片想いがたくさんの作品。貧乏美大生・竹本祐太たちはある日教授に、新鋭芸術家として注目を集める少女・花本はぐみを紹介される。彼女に惹かれていく竹本と、先輩・森田。同級生・真山に恋する山田の物語も絡む青春ストーリー。

【投票者の声】メイン4人の恋がもたついていてもどかしい!それだけに展開がすごく気になり、キュンキュンさせられます。女子の気持ちに鈍感な男に読んでほしい。(28歳)

第4位の『失恋ショコラティエ』は、最近テレビドラマ化された作品。高校入学と同時に1つ先輩のサエコに一目惚れした小動(こゆるぎ)爽太は、念願叶ってサエコと付き合いはじめる。修業中のパティシエである爽太は、バレンタインにチョコを作るが、実は付き合っていると思っていたのは彼だけだった!?

【投票者の声】好きな人がいても言い訳を作って諦めたり、振りむいてほしくて嫉妬したり、ぶりっこできない自分にいらいらしたり…。女性の心の葛藤がよくわかる。(24歳)

第5位の『きょうは会社休みます。』は一度も彼氏ができたことがないOL・青石花笑が主人公。33歳を迎えた誕生日の夜、同じ会社のアルバイト・田之倉と飲みに行くことになり、記憶をなくしてしまう。目覚めた花笑はいつの間にかホテルに。実感のないなかで始まった、初めての彼氏との物語。

【投票者の声】女心がわかってる!「こうして欲しい」とか「ここが不安」という気持ちのポイントがわかりやすい漫画です。(24歳)

男性でもタイトルを知っている名作が多数ランクイン。女性の多くが読んでいる名作だけに、共通の話題としても読んでおいて損はないかも?

(R25編集部)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト