韓国芸能界の“今”をウォッチ!

KARA新メン 7人から選抜開始

2014.05.30 FRI


BABY KARAのメンバーであるソミン、ヨンジ、チェギョン、チェウォン、ユジ、シユン、ソジン(時計回り)が、KARAの新メンバーの座をおいて競争する。|提供:DSP Media
メンバーの脱退問題で陣痛を経験したガールズグループのKARAが、新しいメンバー選抜に乗り出す。

所属事務所のDSPメディアと韓国のケーブルチャンネルMBC Musicがタッグを組んだ新オーディション・サバイバル番組「KARA PROJECT ― KARA The Beginng」(以下、KARA PROJECT)が、いよいよ本日(27日)初放送を迎える。

「KARA PROJECT」の第1話では、KARAの新しいメンバーへ挑戦する7人の候補者「BABY KARA」の正体が明らかになる。すでに予告映像を通じて公開された7人だが、今回の放送を通じて、KARAのファンらにそれぞれの魅力がアピールできる初めてのチャンスなわけだ。

これに番組制作陣は初回の観戦ポイントとして、彼女たちが初めてのミッションに挑む姿と「KARA PROJECT」に参加した理由、ファンが選んだ第1回目の勝者などをあげた。

第1話の放送では「BABY KARA」にとんでもないミッションが下され、参加者たちを早くも*メンタル崩壊状態に陥れたという。そのミッションとは、ステージの経験が足りない彼女たちを劣悪な環境の公演場に立たせて、自分たちの価値を証明すること。果たして「BABY KARA」は、こうした厳しいミッションを乗り越え、KARAの新メンバーの座へ一歩進められるだろうか。(*メンタル崩壊状態:ショックな出来事や衝撃を受けて、精神的に立ち直れないような、つらい状態のことをいう。また、そのような状態を誇張して表現するときにも使う)

「BABY KARA」が今回のプロジェクトに参加した理由も注目すべきところ。KARAは日韓をはじめ世界的に厚いファン層を持ちながら活動してきた。しかし今年に入ってからは紆余曲折もあり、こうした状況でチーム名をかけた冠番組に挑むにはプレッシャーも大きいはずだ。番組では平均3年以上練習生生活を送っている少女たちが、なぜ「KARA PROJECT」に挑戦したのか、その理由が明らかになる。

最後に、ファンらが番組のスタートとなる午後6時から7時まで参加するSNS投票は、今回のプロジェクトでもっとも期待される見所だ。この投票はSNSアプリケーション「CONNECT ME」を通じて40%、LINE30%、専門家らによる点数30%で候補者たちをリアルタイムで採点、当落を決める主な変数になる。

KARAの新メンバーを目指す7人少女たちの奮闘記を描いていく「KARA PROJECT」(全6話予定)は28日午後6時、韓国のMBC Musicから放送される。
(イ・ダウォン記者)


記事・画像提供/『スポーツソウルJAPAN』

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト