2位以下を引き離しダントツ!

60代でも口説く精力男1位は?

2014.06.24 TUE

世論調査


トレンディ俳優として一世を風靡した石田純一。現在はプロゴルファー・東尾理子と3度目の結婚生活を送っている ※画像はサイトのスクリーンショットです
ここ数年、男性週刊誌ではシニアのためのセックス特集が急増中。やはり、いくつになっても女性を性的な目で見てしまうのが男という生き物。僕ら若手男子もその自信とバイタリティを見習いたい!

そこで、60代になっても女性を精力的に口説いていそうな有名人は誰か、20~39歳の男性200人にアンケート調査を実施してみた。その結果は以下のように! 

●60代になっても女性を精力的に口説いていそうな有名人TOP10(3人まで選択、協力/アイ・リサーチ)

1位 石田純一 79.0%
2位 舘ひろし 8.5%
3位 高田純次 7.0%
4位 みのもんた 6.5%
5位 デューク更家 4.5%
6位 梅沢富美男 3.5%
7位 ビートたけし 3.0%
8位 ルー大柴 2.0%
8位 関根 勤 2.0%
8位 笑福亭鶴瓶 2.0%
8位 テリー伊藤 2.0%

●1位 石田純一
他の追随を許さない1位! 「プレイボーイの代表者」(28歳)、「不倫は文化を死ぬまで貫きそう」(29歳)、「この人からナンパをとったらだめ」(28歳)などの声が集まり、日本のナンパ男のシンボルとして圧倒的な存在感を発揮した。「浮気性」(27歳)、「この人の場合は病気でしょう」(29歳)など、もはや天性のものであるという意見も。

●2位 舘ひろし
「渋いから」(29歳)、「長身でかっこいいから」(27歳)、「男気と共にダンディズムも感じられ、女性を口説くのが得意そう」(29歳)、「女性が周りから寄ってくる」(29歳)など、あのダンディーな魅力があれば60代でもまだまだ口説けるはずだと考える男子が多数。一方で「飲んだらエロそう」(29歳)と予想する人もいたが、果たして実際は…。

●3位 高田純次
「適当男だから」(28歳)、「毎日高田節で口説いてそう」(29歳)などテレビでも頻繁に見せるふざけ半分で口説く姿が、世の男子の中に強く印象づいている模様。また「いつまでもあのキャラでいそう」(27歳)、「そうであってほしい」(29歳)と一生そのスタイルを変えないでほしいと願うファンも。

4位のみのもんたは「言葉巧みに口説いていそう」(27歳)など鍛えられた話術を駆使している印象が、5位のデューク更家は「リップサービスは当たり前のようにやってそう」(29歳)、「イタリア人っぽい」(27歳)などちょいワルな風貌が、得票の理由となっていた。

できるものなら世の男子たちだって60代になっても女性を口説いていたいはず。どのタイプをロールモデルとするべきか、今のうちに決めておきたい! 
(黄 孟志)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト