ビジネスシーンでも活躍しそう

スマホの画面をTVで見るグッズ

2014.09.12 FRI


対応機種:Miracast対応のAndroid端末、Windows 8.1搭載のMiracast対応PC サイズ:83×52×14.3mm 質量:43g
移動時間を有効に使えることから、ゲーム、映画などの映像コンテンツはもっぱらスマホ、タブレットといった携帯端末で楽しむようになっているという人もいるでしょう。しかし、家で腰を据えて見る時は大きい画面で楽しめるのに越したことはありません。TV画面にスマホの画面が映せれば、簡単に解決できそうな話ですね。

実は、ケーブルや無線LANを介してスマホとTVを接続する方法は以前からあるのですが、配線や設定がわずらわしい面は否めない。そこで「Miracast(ミラキャスト)」というWi-Fi接続によって簡単に画像、動画などの映像を転送(ミラーリング)する通信技術・規格が生まれました。

ここで紹介する『Miracastレシーバー LDT-MRC02』もそのMiracast規格を利用した便利なグッズ。Miracast未対応のあなたのTVを手軽に“Miracast化”してくれます。別売のHDMIケーブルでTVとつなぎ、電源をUSB端子からとれば、それで本体の接続はOK。スマホの画面をそのままTVに映すことができるようになります。

写真や動画、ゲームといったファイルだけでなく、ホーム画面などもそのままテレビに表示されるので、指が覚えているスマホの操作感そのままに扱えるのもメリットのひとつ。またセキュリティを考え、利便性優先でワンプッシュで接続できる「プッシュボタン認証モード」と、PINコードの入力が必要な「個人暗証認証モード」を選ぶことができます。

『Miracastレシーバー LDT-MRC02』の活躍場面は、動画鑑賞やゲームといったシーンに限りません。本体をプレゼン会場などのHDMI端子付きプロジェクターにつなぎ、スマホでプレゼン用の動画を流す…といったビジネスシーンでの活躍も期待できます。

最後にひとつ注意点を。未対応のTVをMiracast対応化することはできますが、未対応のスマホをMiracastに対応させることはできません。購入の際は、公式webページでお持ちのスマホが対応機種かどうか確認してくださいね。
(のび@びた)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト