ネット界の“旬”なニュースをお届け!

田辺誠一LINE スタンプ準備中

2014.09.26 FRI

噂のネット事件簿


田辺画伯作の「かべどん!」。ブログによれば、「これは犬です、白クマやカマボコではありません、かっこいい犬というキャラクターですっ」とのこと ※この画像はサイトのスクリーンショットです
独特の味があるイラストがネットユーザーに人気があり、“画伯”と親しまれている俳優の田辺誠一が、9月23日のブログで、LINEスタンプを制作することを発表。早速、試作品も公開し、話題になっている。

田辺が取り組もうとしているのは、ユーザーが自作のスタンプを販売できるプラットフォーム「LINEクリエイターズマーケット」。クリエイターの登録を行い、スタンプ画像40個、メイン画像1個、トークルームタブで使用する画像1個の合計42個を登録し、審査に通過すれば、LINEウェブストアで1セット100円で販売が可能。制作者には、売上の50%が振り込まれる仕組みだ。

スタンプの販売が始まった5月8日から8月7日までの3カ月間で、クリエイターズスタンプ全体の販売総額は12億3000万円にのぼるほどの人気となっている。ちなみに売上10位までの平均販売金額は2230万円だという。

現在ドラマの撮影に入っているという田辺は、「かっこいい犬」のキャラクターをもとに、来年を目安に完成をめざすという。ブログでは「ご自由にお使いください」として「かべどん!」という試作品を公開。“かっこいい犬”らしき生き物が、メス犬(?)の前に立ち、壁に手をついているイラストだ。ツイッターには、

「田辺誠一画伯の才能がハンパない笑
かべどん最高に面白い」
「田辺画伯の『かべどん!』www スタンプ欲しくなるー」
「田辺誠一画伯のかべどん!スタンプが可愛すぎてLINE始めたい」

と、絶賛の声とともに、早速「欲しい」という声も多数あがっている。

ちなみに、田辺は2年前、ツイッターに投稿された“LINEで田辺のイラスト画像を使っている”というファンの声に対し、「イラスト色々、LINEのイラスト(スタンプ?)にならないかなあ?」とつぶやいていたことがある。その時、実際の利用イメージを作成したユーザーのツイートをリツイートしながら「こんなイメージで。」と田辺は乗り気の発言。これを受けてファンが田辺作のLINEスタンプがほしいというツイートをしていたところ、LINEマーケティング責任者の舛田淳氏の耳にも届き、舛田氏もツイッター上で「相談しましょう!」と前向きな姿勢を見せていた。

ファンのなかには、“あの時のやりとりがついに…”と胸が熱くなる人も多数。なお、田辺は、ブログやツイッターなどで、スタンプにつけるメッセージを募集中とのことだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト