気づいたときにはもう遅い! お口のニオイケア習慣

なぜ自分のニオイは気づかないの?

2014.11.20 THU

気づいたときにはもう遅い! お口のニオイケア習慣


自分では気づきにくい口臭も、実は相手が気になっていることが多い

口臭の原因&対策を伝授!



「自分の口臭に自分で気づかないのは、“鼻の慣れ”のせいです。人間の鼻は、体の中から立ち上っている自分の口臭をずっとかいでいますから、食後にニンニク臭を感じたとしても、少しすれば変化に気づかなくなってしまうのです」

なるほど、口にニオイが残っていても、鼻が慣れてしまって感じないんですね。そもそも、口臭はどうして起きるのでしょうか?

「ニンニクやニラなど、香りの強い食べ物が胃で消化されきれずにニオイを発しているケースもありますし、口の中で増えた雑菌が死んで腐敗したニオイが口臭の原因になることも。健康な口の中には常に様々な菌が棲んでいますが、虫歯や歯周病などの病気になると、それらの原因菌が増加。歯磨きを怠ったり、歯ブラシでは届かない場所に菌が棲んでいたりすると、やがて死んで腐敗してしまうのです」

また、口臭と関わりの深い唾液には抗菌効果があり、口の中を健康に保つには必要不可欠という。しかし、唾液は自律神経の影響で、緊張や強いストレスによって分泌されにくくなる。つまり、雑菌が増加するのです。

なんと! ストレスを抱えたビジネスマンは、口臭の原因まで抱えがちってことですか。ただ、自分が口臭を放っていたとしても、自分では気がつきにくいんですよね。どうやってチェックしたら?

「舌を見るとすぐに分かりますよ。口臭があるときは、うっすらと苔が生えたように見えます。また、就寝中は菌が増えやすいため、朝起きたときに口がネバネバして不快感がある人も要注意です」

虫歯や歯周病による口臭は病院で治療するしかないとしても、舌も含めて毎日歯磨きをする習慣はつけたいものです。

そういった習慣に加えて気を使いたいのが、ニンニクやアルコールなど食べたものが原因でおこるニオイ。日々ありがちな口臭だけに、いつでも手軽に対処できるものが欲しいですよね。そこでオススメなのが、お腹の中から息をリフレッシュしてくれる“ブレスケア”。

ランチに食べた餃子のニンニク臭や前日のアルコールのニオイが気になるときはもちろん、クライアント先に行く前や大勢の前で話すプレゼンなど、他人と接する機会が多いビジネスマンにとって、ニオイのケアは最低限のマナー。ポケットやカバンからいつでも簡単に取り出せ、口に入れるだけでお口とお腹からのニオイをしっかりケアする“ブレスケア”は便利なマストアイテム! 他人に不快な思いをさせないためにも、まずは自分の口臭を疑うことからはじめてみよう。

現在、「噛むブレスケア マジックミックス」の発売を記念してWキャンペーンが実施中! 「噛むブレスケア マジックミックス」を実際に試して2つの味の組み合わせを当てるものと、“ブレスケア”で食べてみたい味の組み合わせを投票するものの2つ。ぜひチャレンジしてほしい!

取材協力・関連リンク

ブレイクフォト