ネット界の“旬”なニュースをお届け!

ラスボス幸子「キティ化?」の声も

2014.12.04 THU

噂のネット事件簿


「本気」の“氣志團”。これには綾小路翔もツイッターで「す、すっごー!」と反応 ※この画像はサイトのスクリーンショットです
演歌歌手・小林幸子が、12月1日に自身のブログで、Xbox One用カラオケアプリ『カラオケ@DAM』のイメージキャラクターに就任したことを、氣志團の綾小路翔をイメージしたという学ラン姿の写真とともに報告。このアプリの特設サイトでは3種類の動画が公開されており、小林が「カラオケ@DAM」を使い、リーゼントに学ラン姿で氣志團の「One Night Carnival」を熱唱する姿が見られることから、ネットユーザーの間で話題になっている。

「カラオケ@DAM」は、第一興商が“家庭で気軽に楽しめる”自宅用カラオケサービスとして11月18日より提供を開始しているカラオケアプリ。3つの動画は、小林の“成長記録”となっており、私服姿で探り探り歌ってみる様子から、学ラン衣装での練習、そしてついにノリノリの大暴走。さすがの急成長ぶりで、あっという間に歌を“自分のもの”にしていく様は見ものだ。

小林は1979から2011年まで、NHK『紅白歌合戦』に33回連続出場していたものの、2012年は落選。しかし2013年、ニコニコ動画に「歌ってみた」動画を投稿して以来、ボーカロイド・初音ミクの「千本桜」を歌ったり、2014年はニコニコ超会議やコミケに参戦したりするなど、活動の幅を広げている。

もともと、『紅白歌合戦』の終盤に豪華な衣装で登場していたことから、ネット上では、「ゲームのラストに登場するボスキャラクター」の略で“ラスボス”と呼ばれていた小林。「紅白」出場から離れたここ数年も、その活躍でネットユーザーからは“ラスボス幸子”などと親しまれており、Yahoo! JAPANの検索窓に「ラスボス」と入力すると予測変換に「小林幸子」が現れるほどだ。

そんなふうにすっかり若者の心をつかんでいる小林が、今度はまさかの“ヤンキー系ロック”。動画ではさすがの歌声を披露しており、ツイッターには、小林に対し、

「ほんとにかっこよすぎます!!もう惚れるノリシロないレベルにまじ惚れでしたが、また更に惚れてます!!!」
「予想の遥か上過ぎて何故だか元気が出ました!!!最高すぎます!!!!大好きです!!!」

という大絶賛の感想が寄せられているほか、

「これ、来年の氣志團万博にラスボス説、
あるな…ww」
「来年の氣志團万博は『さっちさちにしてあげるー♪』が聴けるのでは(ノ´∀`*)!」

と、様々な歌手が学ラン姿で歌うことで知られるロックフェス「氣志團万博」に来年出演するのでは、という見方も浮上。また、

「小林幸子が仕事をえらばなくなってる」
「小林幸子さんマジキティ(マジでキティさんばりに仕事選ばない)」

などというつぶやきも投稿されている。

またまたファンを増やした小林。いろいろなものとコラボレーションすることで、ネット上では“仕事を選ばない”とネタにされる“キティ先輩”ことハローキティと似たニオイを感じる人もいるようだ。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト