即PATで現地に行かずとも馬券が買えちゃう!

1年の総決算を有馬記念で楽しむ!

2014.12.19 FRI


ファン投票で選ばれた人気の馬たちによる豪華対決が見所の有馬記念。自宅に居ながらにして手軽に馬券が買えるなら、有馬記念で競馬デビューしてもいいかも
様々なイベントが目白押しの12月。競馬界では、28日(日)に「有馬記念」が中山競馬場で行われる。有馬記念は、競馬の最高ランクに位置する「GIレース」のひとつであり、そのなかでも“最も馬券が売れるレース”として有名だ。

それほどまでに有馬記念が盛り上がる理由は、なんといっても「オールスター戦」だということ。出走馬を選ぶためにファン投票が実施され、実力馬たちの豪華競演が実現するのだ。さらに「オールスター戦」の魅力は「配当」にもある。実力馬が多いだけに、どの馬が勝利しても不思議ではない。オッズが低いからといって「まず勝ち目がない」わけではなく、結果的に思わぬ高配当になる年もある。例えば、1991年は14番人気のダイユウサクが勝利し、配当金が単勝で1万3790円。2007年は9番人気だったマツリダゴッホが勝利し配当金が単勝で5230円と高額配当となった。

また、年末に行われることから“1年の総決算”をレースに重ねる楽しみもある。例えば勝馬投票券の選び方。ちょっとしたゲン担ぎのような選び方をするファンも多いのをご存じだろうか。その年に結婚した人なら結婚記念日、仕事で大きな契約を勝ちとった日…などなど。

話題になった出来事にちなんで選ぶのも面白い。実はこんな話がある。ゴールドシップが勝利した2012年、「今年の漢字」として選ばれていたのは「金」だった。こじつけといえばそうだけど、ゲン担ぎなんてそんなもの。2014年を振り返れば大きなトピックは色々ある。冬季五輪、サッカーW杯、衆院選…一年に思いをはせながら年の瀬のレースを観戦するのは、粋な大人の楽しみと言えるだろう。

そして“1年の総決算”にはもうひとつ意味がある。このレースを「引退戦」の舞台に選ぶ名馬が少なくないのだ。

今年も有馬記念で引退する名馬がいる。その一頭がジャスタウェイ。人気アニメ『銀魂』のキャラにちなんだ名を持つこの名馬、国内だけでなく海外のG1レースでも圧勝したスターホース。今年1月から開催された世界の主要レースを対象に競走馬を格付けする「ワールドベストレースホースランキング」でも、なんと4月から1位をキープし続けている。世界屈指の馬が引退戦でどんな走りを見せるのか注目が集まる。

同じく引退戦として臨むのが、牝馬(メス)のジェンティルドンナ。オトコ勝りの走りっぷりで、なんとこれまでにGIレースを6勝。こちらも今年、海外のG1レースを制している。有馬記念が「世界的な名馬2頭のラストマッチ」で盛り上がることは間違いない。加えて、11月のGI「ジャパンカップ」で圧勝したエピファネイアや、一昨年の有馬記念を制したゴールドシップなども参戦予定。いずれもGIタイトルを複数持つ強豪だけに、目が離せないレースになりそうだ。

また、競馬に詳しくなくても、年末に楽しめるエンタメの一つとして気軽に競馬を楽しみたいというひとには、現地に行かずとも気軽に馬券を買って有馬記念を楽しむ方法がある。それが「即PAT」だ。即PATとは、パソコンやスマートフォン、携帯電話で馬券を購入できるサービス。指定の銀行さえあれば、簡単な加入手続きだけですぐにインターネットで馬券購入が可能となる。もし馬券を当てた場合は、翌月曜日に銀行口座へ払戻金を直接振り込んでくれるという利便性と安全性を兼ね備えたサービスなのだ。

しかも現在、「即PATデビュー応援キャンペーン」を実施中。抽選で5000円のギフトカードがプレゼントされるとのことだ。今から即PATに入会して、世界が注目する有馬記念に備えてみるのもアリかもしれない。

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト