3年連続で印象度No.1の秘密

幕張でスバルブースが人気のワケ

2015.01.09 FRI


大勢のファンで賑わうブース内。車両展示に加え、ファン垂涎のアイテムの販売なども行われ、写真を撮ったり質問をする来場者で賑わいを見せている
幕張メッセでは現在「東京オートサロン2015」が開催中だが、なかでもスバルのブースが注目だ。なにせ、来場者アンケートで「もっとも印象に残ったブース」として過去3年連続でNo.1に輝いているというのだ。その理由を探るべく、開催初日のブースを覗いてみた!

まずブースに展示されている車両は、さすがモータースポーツに力を入れているスバルだけあって、レースカーがそろい踏み。ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦予定の「WRX STI NBR CHALLENGE 2015」や、SUPER GTに参戦予定の「SUBARU BRZ GT300 2015」は、多くのモータースポーツファンの目を引いていた。また往年のスバルファンにはたまらないレガシィ「BLITZEN」がコンセプトカー「LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT」として復活。カメラを向ける来場者が後を絶たなかった。

さて、展示車両だけではなく、ブースイベントも活況。1月9日に行われたプレスカンファレンスでは、スバルのモータースポーツを統括するSTIの辰巳英治総監督から、2015年のモータースポーツへの取り組みについて発表が行われた。その内容はニュルブルクリンク24時間耐久レースとSUPER GTへの挑戦に関するもので、特に契約選手の公開に注目が集まった。ニュルブルクリンク24時間耐久レースでは昨年度チャンピオンであるティム・シュリック選手(ドイツ)が加わったほか、SUPER GTでは新たに山内英輝選手と契約。「スバルファンはもちろん、すべてのクルマファンに喜んでいただけるように頑張りたい」という辰巳総監督の意気込みが伝わるような内容だった。

また、来場者が選手にディスカッションの質問内容を指定できる参加型の定期ステージイベント「ロックオンディスカッション」も行われていた。辰巳総監督や山内選手らが、海外遠征の裏話やレースにかける決意を語ったほか、サイン入りアイテムのプレゼントイベントもあり、好評を博していた。

さて、安心と愉しさをテーマに掲げ、究極の走りに挑戦するスバルだが、それはモータースポーツや車の性能への挑戦だけにとどまらないといえそう。ファンとふれあうイベントひとつをとっても、ファンと共鳴しながら“安心と愉しさ”を追求する姿勢が、ブースやステージの随所に見て取れる印象だ。そこが3年連続「印象に残ったブース」No.1の理由かもしれない。

ちなみに会期中来場者アンケートに答えると、新型「LEGACY B4 Limited」が抽選で当たるプレゼントキャンペーンを実施中だ。ファンのみならずすべての来場者が楽しめる内容となっているだけに、1月11日(日)までの会期中に、足を運んでみてはいかがだろうか?

  • SUPER GTに参戦する「WRX STI NBR CHALLENGE 2015」をバックに、(左から)佐々木孝太選手、山内英輝選手、井口卓人選手、辰巳英治総監督が肩を並べるプレスカンファレンスの一コマ
  • SUPER GTに参戦予定の「SUBARU BRZ GT300 2015」。車体性能の大幅な刷新が図られたほか、今年からダンロップのタイヤを採用することが決まったという
  • 本邦初公開となる「WRX STI NBR CHALLENGE 2015」は、早さと操縦性能にこだわって開発と改良が施されているとか。ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定だ
  • スポーツ性を高め、独自のたくましいスタイリングで人気を誇った往年の「レガシィ BLITZEN」がコンセプトカー「LEGACY B4 BLITZEN CONCEPT」として復活。ひときわ目を引いていた
  • 「WRX STI 全日本ラリー参戦予定車」は、1日に数回行われる「キッズライド」の対象車。小学生以下の子供なら、運転席に乗って記念撮影などが可能だとか
  • SUBARU BRZ GT GALS「BREEZE」の面々。スーパーGT300クラスの出場チーム「R&D SPORT」を応援するレースクイーンだ

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト