“井岡ジム”出身が他を圧倒しぶっちぎり優勝!

かわいすぎる女芸人にプロボクサー

2015.02.21 SAT


第3回グランプリの安田由紀奈(やすだ・ゆきな)。1989年1月6日生まれ。鹿児島県出身。NSC大阪の女性タレントコースから芸能界入り。タレントとしては関西ローカルの番組や、NGK(なんばグランド花月)で活動中。また単独ライブも行っている。本企画開催目前に、一般男性と結婚した
2012年から行われている「かわいすぎる女芸人No.1決定戦」が今年も開催。2月20日に最終投票結果が発表され、ピン芸人の安田由紀奈が第3回グランプリに決まったと発表された。

この企画は、無料動画配信サイト「GYAO!」内にあるよしもと芸人のトーク番組「よしログ」から誕生した人気企画。ノミネートされた女芸人の中で最もかわいいと思った女芸人をユーザーが選ぶ、完全投票制のコンテストだ。

今年はよしもと外にも枠を広げ、松竹芸能、太田プロダクション、ホリプロコムなど様々な大手芸能事務所から12名がエントリー。不思議ちゃん系芸人の小杉まりも(ワタナベエンターテインメント)、元ヤンでバイク好きの朝一番・小泉みゆき(太田プロダクション)、元アナウンサーの荒井かな、大島優子似としても知られるマカロンバーガー・鈴木ゆうな(ともに、よしもとクリエイティブ・エージェンシー)など、顔だけでなく個性も優れた面々で1位を競っていた。投票は1月30日から2月19日まで実施。投票総数は前回の倍近くとなる8万9001票となった。

○第3回かわいすぎる女芸人No.1決定戦
1位 安田由紀奈(よしもとクリエイティブ・エージェンシー/2万599票)
2位 小杉まりも(ワタナベエンターテインメント/1万6020票)
3位 ちょも(よしもとクリエイティブ・エージェンシー/1万5037票)
4位 みそにこみ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー/7595票)
5位 ヴァージン・荒井かな(よしもとクリエイティブ・エージェンシー/5652票)
6位 朝一番・小泉みゆき(太田プロダクション/5362票)
7位 マカロンバーガー・鈴木ゆうな(よしもとクリエイティブ・エージェンシー/5255票)
8位 Kittan(サンミュージックプロダクション/4486票)
9位 紺野ぶるま(松竹芸能/3193票)
10位 ぞの(よしもとクリエイティブ・エージェンシー/2525票)

膨大な総投票数のなか、本企画史上最多の2万票超えで1位となった安田は、キュートな顔立ちと引き締まったプロポーションが印象的な26歳。2007年、NSC(吉本総合芸能学院)大阪校の女性タレントコースに入学。以降、よしもと所属の芸人として主に大阪で活躍している。過去には漫才コンビや、よしもとグラビアエージェンシー(YGA)でアイドルとしても活動していた。

そんな彼女の突出した特徴といえば、プロボクサー兼ダイエットインストラクターでもあること。とくにボクサーとしては、井岡一翔(世界2階級王者)がいることで知られる「井岡ボクシングジム」に所属。2012年にJBCプロテストに合格すると、翌年には公式戦デビューを果たした。

このためか、芸人としてもボクシングや筋肉に絡めたネタを披露することが多々。全国ネットの番組にも露出が増えており、どこかとぼけた語り口や“貧乏エピソード”といった他の面にも注目が集まりつつある。中間発表から独走状態で獲得したかわいすぎる女芸人グランプリは、納得の結果だったのかもしれない。

ちなみに副賞には賞金20万円が贈られたほか、21日に開催される「日本女子博覧会」でのランウェイデビュー、Yahoo!ブックストア2015のキャンペーンガール就任&単独グラビア撮影が決定している。これらを受け安田は「自分が頑張ってるときは、周りはもっと頑張ってるって井岡(弘樹)会長も言ってたから」と、自身を鼓舞しながらこの日をむかえたことを告白。「いっぱいいっぱい鍛えて(さらに筋肉をつけて)、写真集出したいです」と、意気込みを見せた。

かわいすぎる女芸人No.1の称号を手に入れ、ますます勢いにのる安田。これからの活躍にも注目すべし!

(松本まゆげ)

  • 「第3回かわいすぎる女芸人No.1決定戦」にエントリーした面々と、MCのLLR。ちなみにPR動画(関連リンク参照)で安田は、LLRの福田恵悟にキレのある左ボディをキメている
  • ボクシングで約15kgのダイエットに成功したことが、ボクサーとダイエットインストラクターの道へ進むキッカケに。この美しいボディラインは、日々のトレーニングのたまものなのだ!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト