気になる“あのコ”のシゴトーク/241

「借金アイドル」が極貧生活を激白

2015.08.28 FRI


撮影:林和也
「短大に行くための奨学金が200万円。母に返す仕送りが100万くらい。今ある借金は300万円くらいですね」

明るく話す石岡真衣ちゃんは、アイドルユニット、ザ・マーガリンズのメンバーだ。なんと、全員が借金を抱え、その返済を目指すというヘビーな事情を抱えているのだとか!

「私なんか比較的軽いほうで、なかには騙されちゃったり、お金を使い込んじゃったりしたメンバーもいるんです」

借金返済のために、これまで極貧生活を続けてきたのだとか。

「小さいころからアイドルになりたくて、いろいろオーディションを受けてきたんです。短大を卒業して母親にも迷惑をかけたくなかったので上京したのですが、右も左もわからなくて…生活は困窮していましたね」

そんな折、今の事務所に拾われ、青春!トロピカル丸というアイドルユニットを結成することに。

「3年半くらいやって、そこそこ実績も作ったんですが、アイドル戦国時代なこともあって、思うようにいかなくて。そんなときに日テレジェニックのお仕事が入って、もう私はどかーんと(お金が)来ると思ったんです。でもなかなかそんなことにはならず…」

そのころから口癖は「お金がない」。節約を重ね、入寮に年齢制限のある事務所の寮に頼み込んで台所で寝泊まりし糊口を凌ぐ日々のなか、「握手会でファンの方に『ぴったりのグループがある』と教えられて」、ザ・マーガリンズに入ることに。

「メンバーを見て、アイドルじゃないの? キラキラしてないし!という疑問ばかり浮かんできたんですけど、悲壮感から来るがんばりが、逆にキラキラ見えてきて…。今、すごく楽しいんです。でもお金がないので、そこらのベンチで星を見ながら、絶対(借金返済を)がんばろうね、って」

この4月には2ndシングル「桜はさくら/五円があります様に!」もリリース。売れていくに比例して、300万円の借金もどんどん減っていくのでは?…と思いきや。

「メンバーのひとりが1億円くらい借金を抱えてるので、そうカンタンには全部返せないんですよ。やっぱり目標は全員の借金返済ですから。道のりは長いです。よく完済した夢を見るんですけどね…」
(吉州正行)

  • 石岡真衣

    1990年愛知県生まれ。「中央競馬全レース中継/中央競馬パドック中継」(グリーンチャンネル)にパドックリポーターとして準レギュラー出演中。バリ島で撮影した5枚目となるイメージDVDの発売を控える。プライベートでは、「今お風呂のない家に住んでいるんです。だから近くのジムに行って汗を流して、お風呂に入るのが日課ですね!」とのこと
  • 「桜はさくら/五円があります様に!」

    『マルガリン銀行』(東京MX)から生まれた、総額1億3000万円の借金を抱えるアイドルユニット、ザ・マーガリンズの2ndシングル。「番組が関わっていることもあって、かなり仕上がりはいいんです。聴かせる曲になってますよ!」と真衣ちゃん。好評発売中! ちなみにザ・マーガリンズは、公演やニコ生の放送を定期的に続けていくとか。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト