ネット界の“旬”なニュースをお届け!

つんく総合P引退「卒業公演して」

2015.09.10 THU

噂のネット事件簿


どんな逆境をも肯定する「生き方論」。つんく♂は、最後まで読むと自分でも「よし、がんばろう!」と思えるとブログに綴った ※この画像はサイトのスクリーンショットです
喉頭がんのため、今年声帯を全摘出した音楽プロデューサー・つんく♂(46歳)が9月10日に手記『だから、生きる。』を発売。メディアにも多数とりあげられている。そんななかサンスポが、つんく♂は昨年10月のモーニング娘。’14のNY公演後、ハロー!プロジェクトの総合プロデューサーを“卒業”していたことを紹介。現在、作詞作曲についてはマイペースに参加し、モー娘。には「サウンドプロデューサー」として関わっていると判明、ファンの間で波紋を広げている。

Twitterには、

「文字にしてしまうと寂しい。でも、ありがとう&これからもよろしくお願いします」
「薄々は感づいてたと言うか分かってはいたけど、こうして現実として突きつけられるとツラい…」(原文ママ)

など、つんく♂が第一線を退いたという現実に改めて寂しがる声が続出。しかし一方で、

「ライブのメンバー紹介映像の最後に出てた
『produced by つんく♂』
が無くなってたからね…
この発表はちゃんとして欲しかったな…」
「どうしてこんな大事なこといままで黙ってたのUF(※つんくの所属プロダクション、アップフロントプロモーション)会長!!って感じやわ…確かに薄々は勘付いてはいたけど引導渡されてるとは思わんやんちょっとおやすみしてるだけやと思うやん引きずる…全然気持ちの整理がつかなくて悲しみに包まれてるよ…つんくボーイ卒業公演しよ…」
「つんくさんP卒業してたんだ……
11月29日(いいつんくの日)に卒業公演して
から卒業して欲しかった」
「まあ病気だから即卒業、とかもアレだし、そうでなくてもいきなりつんく先生が卒業って発表しちゃうと衝撃と影響が大きすぎるから、様子見ながら軟着陸させたのかもしれんなあ…。つんく先生改めてお疲れさまでした。できる範囲で楽曲プロデュースお願いします。」
「せめて つんく♂総合プロデューサー卒業公演をしてもらいたかった(;´д⊂)」

など、「卒業発表」をしてほしかったという声や、「卒業公演」のリクエストも少なくない。

ブログでは「とにかく今は前を向き、人生をいかに楽しく充実したものに出来るか。そして、家族と共に有意義な人生を歩むか」とつづったつんく♂。心の整理がつかないのはファンのほうかもしれない。
(花賀 太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト