ネット界の“旬”なニュースをお届け!

BTTFで描かれた“未来”が到来

2015.10.21 WED

噂のネット事件簿


ちなみにドラえもんの誕生日は2112年9月3日。生まれるまであと97年
映画『BACK TO THE FUTURE(バック・トゥ・ザ・フューチャー)』(以下『BTTF』)の2作目で描かれた“30年後の未来”の日付「2015年10月21日」が到来し、にわかに話題となっている。

『BTTF』は、主人公のマーティ(マイケル・J・フォックス)が、ドク(クリストファー・ロイド)が発明したタイムマシン「デロリアン」に乗って時空を旅する物語。シリーズ3作が公開された『BTTF』は、1作目(1985年公開)は1955年を、2作目(1989年公開)は2015年を、3作目(1990年公開)は1885年を訪問しており、このうち話題となっているのは未来を訪れた2作目だ。

『BTTF2』の作中での設定は「1985年から30年後の未来(2015年10月21日)に行く」というもの。“未来想像図”として「自動でヒモが締まるスニーカー」「ウェアラブルデバイス」「3D映像」「指紋認証」「自動的に乾燥する服」などが描かれていたが、その“未来”が現実の日付としてやってきた。

この日の到来を待ちわびた人は少なくなかったようだ。ツイッターでは、10月21日に日付が変わるとともに、

「マーティたちが1985年からやって来る日キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
「BTTFの2015年この日がついに…!!!!」
「2015年の10月21日、BTTFの日だあああああ」
「ついに、Back to the future の日キター」
「バックトゥザフューチャーの未来とうとう来ちゃった????」

と、“未来の到来”を喜ぶ声が一斉にあがり、

「いやほんとにね、一日中BTTFを語りながら酒を飲みたいのですよ」
「今日明日はBTTFに浸ろう」
「今日はBGMは全部、Back to the Futureにしよう」
「今日はBACK TO THE FUTUREの日か。帰ったら見よ」

など、「BTTF」がタイムラインを席巻した。タイムトラベルがテーマの同シリーズだが、作品自体も時空を超えて愛されているようだ。
(金子則男)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト