ネット界の“旬”なニュースをお届け!

宇多田ヒカル復帰騒動、ファン困惑

2015.12.09 WED

噂のネット事件簿


11月30日、母親業に奮闘していることを報告した宇多田ヒカル ※この画像はサイトのスクリーンショットです
スポーツ報知は12月8日、シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(32歳)が来春、約6年ぶりに音楽活動を再開すると報じ、大きな話題になった。しかしその後、音楽ニュースサイト「ミュージックヴォイス」の取材に対し、所属するレコード会社が「準備を進めてはいるものの、復帰に向けての具体的な話は何も決まっていない」と回答。さらに9日になり、宇多田の父で音楽プロデューサーの宇多田照實氏が「全くのガセネタ」と否定するという騒動があった。

宇多田は2010年8月、「『人間活動』に専念しようと思います」として、音楽活動の休止を発表。その後は2012年に映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のテーマ曲「桜流し」を発表するにとどまっていた。プライベートでは母で歌手の藤圭子さんが亡くなり、自身は結婚・出産。ひとりの人間として様々な経験を重ねて満を持して…といった感もあるなかでのスポーツ報知の復帰報道だっただけに、Twitterには、

「新曲楽しみ!!」
「おおおおおおおおおお!
宇多田ヒカル活動再開!!
一気に眠気が吹っ飛んだあああああああああああああ!」
「色々な経験を経て作る音楽が今までとどう違ってくるのか楽しみ。と共に、もし音楽性が落ち着いちゃってたらガッカリ。一般人の斜め上を行っていてほしい」

など、ファンは沸き立ち、歓迎ムード一色となった。しかし、そんななかでのレコード会社の回答と、父・宇多田照實氏の「全くのガセネタ」という発言だったため、

「え、待って。私の歓喜の感情はどうすりゃいいの?」
「宇多田ヒカルの活動再開は、ガセねたなの?本当なの、どっちなの?」
「ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう・・・ ちくしょおおおおおおおおおおおおおおお」

と、困惑したり、悲しんだりする人たちからのコメントが多数寄せられている。なかには、SNSでの発信に長けている宇多田とあって、

「道理で…公式の声が全くないなぁと思ってました…(´д`)hikkiならTwitterで自分から言ってくれそうですものね」(原文ママ)

と納得する人までいたが、残念さは滲み出ているようだ。とはいえ、宇多田は今年7月、男の子の誕生報告とともに、

「妊娠中、新しいアルバムを制作してました。完成までまだちょっと時間がかかりそうだけど、続きに取り掛かるのが楽しみで、早くみんなに届けたいと思ってます。もう少し待っててね!」

と公式ウェブサイトでコメントしていた。時期未定とはいえ、復帰はそう遠くなさそう?
(花賀太)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト