鈴木愛理「忙しい男性が安らげるクリスマスを演出したい!」

鈴木愛理

2015.12.18 FRI

今週の彼女

すずきあいり/1994年4月12日生まれ、千葉県出身。2007年にメジャーデビューした℃-uteのメンバー。12月23日ニューアルバム『℃maj9(シーメジャーナインス)』が発売。12月31日の「Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2015 ~GOOD BYE & HELLO!~」、2016年1月2日からの「Hello!Project 2016 WINTER ~DANCING! SINGING! EXICITING!~」に出演予定。またファッション雑誌『Ray』のモデルとしても活躍している。
ファッション誌モデルや単独での歌番組出演などソロでの活躍もめざましい鈴木愛理ちゃん。そんな彼女が℃-tueとして12月23日にニューアルバム『℃maj9』をリリース。プライベートでは大学3年生になり、大人っぽい表情も見せるようになった愛理ちゃんに、お話を聞きました。

――約2年ぶりになる最新アルバムは、つんく♂さん以外が作詞作曲した楽曲も増えましたね。

「レコーディングでは最初とまどいました。なかなか歌詞が覚えられなかったし…。『つんく♂さんの楽曲を覚えることに慣れていたんだな』と実感しましたね。アルバムはライブで鉄板になりそうな盛り上がる曲があったり、私がフィーチャーされている『羨んじゃう』という曲はR&Bテイストの大人っぽい楽曲になっていて、℃-uteの新たな面を見てもらえると思います。もちろん、つんく♂さんの曲もたくさん収録されていますよ。これからも歌い継いでいきたいです」

――ハロプロの全グループが集結する恒例の新春コンサートも始まります!

「2015年はハロー!プロジェクトに年下の新メンバーがすごくたくさん増えました。新春コンサートといえば、以前は先輩の踊っている姿を見て勉強する場だったのに、今は後輩の成長が楽しみで(笑)。昔、自分が見ていた先輩と同じように、後輩から見てもらえればいいな」

――後輩に注意したり、アドバイスしたりする機会も増えた?

「そうですね。でもアドバイスって難しい! 強く言うと泣く子もいれば、優しく『頑張って』と声をかけたら泣く子もいるし…。前にモーニング娘。’15の新人の子がステージでのマイクの使い方を理解していない時があって、その時はモーニング娘。’15のリーダーのフクちゃん(譜久村聖)に伝えて、彼女から言ってもらいました。リーダーになったばっかりのフクちゃんにも成長してほしかったのと、グループ内で先輩が後輩を育てるっていう方がチームのためかなと思って」

――アイドルの世界も会社の先輩後輩みたいですね…。

「先輩って難しいな。私は後輩の方がいいです(笑)」

――では、愛理ちゃんの少し先輩にあたる30歳くらいのビジネスマンって、どう思う?

「男性が働いている姿っていいなと思うし、スーツが似合う人は憧れます。頑張っている人って輝いて見えるので、つい応援したくなりますね」

――もうすぐクリスマス。そんな働く男性との理想のデートはある?

「相手がバリバリ働いている忙しい人なら、特別なことをしたりせず、その日のごはんを少し豪華にする! 忙しいなか、時間を作ってくれることが何より嬉しいって感じると思います。私はイルミネーションを見に行くより、癒しを感じるクリスマスがいいですね。でもケーキくらいは食べたいな」

――相手が忙しくても待っていられるタイプ?

「はい。私の父が忙しくて家を空けがちだったのですが、その間に母が新しい料理のレシピを考えていたり…。そういう姿を見てきたので、男性には外で頑張ってもらって、帰ってきた時に安らげる環境を作ってあげたいですね!」

森カズシゲ=撮影/田中裕幸=取材・文

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト